[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「CIMBクラシック2015」初日から猛チャージで通算-7!単独2位の好スタート!

最終更新:2015年10月30日 動画を追加

マレーシア開催のPGAツアー第3戦「CIMBクラシック2015」初日・1日目を迎えた松山英樹。

1週間のオープンウィーク明けで、満を持してアジアシリーズに出場。今回は松山のエースキャディの進藤氏不在で臨む大会となり、果たしてそれがどうでるか?

初日の松山は、ショット、パット共に精度が高く、好調なゴルフを展開。8バーディー、1ボギーの「65」(PAR72)トータル7アンダー、首位と3打差の「単独2位」でホールアウトした!

【スポンサーリンク】




CIMBクラシックの初日、2日目は、セルヒオ・ガルシア、アニルバン・ラヒリとのペアリング。

初日は、現地8時45分にINスタートで始まった!

10番539YPAR5

フェアウェイからのセカンドは2オンも、ピン手前かなりの距離。
長いイーグルパットは、残り2mまで寄せてくる。
松山、このパットを沈め、スタートからバーディー発進!

11番PAR3は、1ピンに寄せるもパーセーブ。

12番497YPAR4

難易度1位のホール。

フェアウェイからのセカンドは、グリーン左サイドのバンカーに入れてしまう。
しかし、このバンカーショットがチップインバーディーとなり、今日2個目のバーディー奪取!

松山 12番 見事なチップインバーディー映像


(映像:PGA公式HPより)

13番459YPAR4

難易度2位のホール。

セカンドはグリーンに届かず、手前のラフ。
3打目アプローチは低く出すが、カップをオーバーし、グリーン反対側へこぼれる。
ラフからの4打目を寄せ、ここはボギーとしていまう

14番358YPAR4

セカンドは、しっかり2オンさせピン手前2.5mにデッドに着ける絶妙なショット!
松山、ここはしっかり沈め、見事バウンスバックのバーディー奪取!

これで、再び2アンダーに戻す!


15番PAR3はパーセーブ。

16番318YPAR4

ティーショットは、アイアンで打ち、フェアウェイ右サイドへ。
ここもセカンドショットをデッドに、ベタピン2m以内に着ける絶妙なショット!
このバーディーパットは、しっかり沈め、今日3つ目のバーディー奪取!

このバーディーで、3アンダーまでスコアを伸ばし、3位Tグループへ!


17番18番はパーセーブ。

前半は、4バーディー、1ボギーのトータル3アンダー。5位Tでハーフターンとなった。

前半 スコアカード

f:id:h-idayu:20151029143433p:plain

【スポンサーリンク】


1番401YPAR4

ティーショットは、左サイドへ。
セカンドはピン右2.5mに、ピタっと着ける。
このバーディーパットは、しっかり沈め後半スタートで、バーディー奪取!

後半スタートホールもバーディーを奪い、トータル4アンダーで3位Tグループへ!


2番~5番はPAR5の2ホールでバーディーが獲れず、我慢のゴルフとなり、パーセーブが続いた。

6番420YPAR4

セカンドショットをピン手前4.5mに着ける絶妙なショット!
松山、この微妙な距離のバーディーパットを沈め、バーディー奪取!
 
停滞ムードを吹き飛ばすバーディーで、トータル5アンダーに伸ばし、3位Tへ!

松山 6番 微妙な距離のパットを沈め、見事バーディー!映像


(映像:PGA公式HPより)

7番386YPAR4

セカンドはピン奥2mほどに着けるベタピンショット!
このバーディーパットはしっかり沈め、連続バーディー奪取!

連続バーディーでトータル6アンダーまで伸ばし、単独の3位に立つ!


8番PAR3はグリーン奥から惜しいパットとなり、パー。

9番404YPAR4

フェアウェイからのセカンドはピン左奥3mほどに着ける。
微妙な距離バーディーパットとなったが、見事上がりホールでもバーディー奪取!

初日の松山は、8バーディー、1ボギーの「65」(PAR72)トータル7アンダーの、単独2位でホールアウトした!

後半 スコアカード

f:id:h-idayu:20151029150246p:plain

松山 初日 ハイライト映像


(映像:ゴルフネットワークより)


この日の松山は、ショット、パット共に良く、プレジデンツカップを彷彿とさせる様なゴルフを展開した。

フェアウェイキープ率は、78.57% (11/14) パーオン率は、94.44% (17/18)と外したのは、ボギーを叩いた13番の1ホールのみ。

ショットの精度の高さもさることながら、パッティングの精度も高く、フィーリング、タッチがアジャストされており、チャンスを逃す場面は少なく、長め、微妙な距離のパットを沈めてきた。

首位のスコット・ピアシーは通算-10でホールアウトしており、松山は通算-7と3打差、単独2位で追う展開。

エースキャディの進藤氏不在の中、素晴らしい初日のゴルフとなり、当然「優勝」を狙いに行く体勢だ。

今回、キャディとしてついたのは、ダンロップの担当者で、松山が一人で考えなければいけない状況が、いい方向に向いた様だ。

ここの所、初日にいいスコアが出ず、3日目、4日目に爆発しても、時既に遅しという展開が多かったが、今回は理想的な展開だ。

2日目は、今日ほどのチャージは出ないかもしれないが、アンダーパーで廻れば、自ずと結果は付いてきそうな雰囲気を感じさせる。

(松山英樹 2日目 好調キープの3位T!優勝争いへ! 速報詳細記事)
h-idayu.hateblo.jp
(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。