[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【ゴルフ】松山に試合出場不足のペナルティー!?

先の拙著ブログ

 


【ゴルフ】松山英樹 今後の出場予定 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

で、松山英樹の今後の国内・海外の出場予定試合を書かせて頂いた。

 

松山選手に関して、ネット上でも情報が極端に少なく、

お陰様で今でも多くのアクセスを頂いている。

 

そんな中、気になる記事があったので、引用させて頂く。

 

 


まだ国内出場「1」 松山は“ノルマ”の5試合出なかったら… (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

引用元:ヤフーニュース内 東スポweb 9月22日

 

今季、国内出場が1試合の松山に対し、JGTO海老沢会長の発言

 

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の海老沢勝二会長(80)は

「スポーツマンなら決められたことは守らないと」と松山に出場を促した。

 

松山もシーズン終盤には国内ツアーに参戦する見込みだが、

5試合に達するかは不透明。海老沢会長は「出るもんだと思っている」

とした上で「野球やサッカーと同じく、世界に出るのが当然の時代だが、

日本ツアーがあるから今があることを忘れてもらっては困る」

と厳しい口調で話した。

 

 

まず「国内出場5試合」と決められたのは、今年の3月。

 

これまで「長期シード」を保有する選手に、この様な規定は無かった。

 

明らかに「石川遼」「松山英樹」の2大人気スターを意識したものだ。

 

「石川」「松山」に少しでも日本ツアーに出場して欲しいがためというのは、

分からなくもないが。

 

海老沢会長の「日本ツアーがあるから今がある」というのは、

松山には余り当てはまらない。

 

松山も出来る限り国内ツアーに出るべく、日程を調整していたことと思われるが、

海老沢会長のこの発言を受け、どういうリアクションを取るか?

 

アメリカPGAもオフを短くし、10月に初戦を迎える日程に変わったばかりで、

ただでさえ調整が難しくなっている。

 

試合数不足でシード権を無くすと言うなら、もう松山は米国PGAのみを

戦場として、心置きなく世界へ羽ばたいて欲しい。

 

「石川」「松山」を引き留めたいが為のルールが、逆効果になり、

日本で彼らを見たいファンの心を裏切る形になるかもしれない

ということが、JGTOには理解出来ないのだろうか?

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。