[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】優秀な若手OB達が入閣しない理由とは?

先日、拙著ブログで「金本打撃コーチ打診」の記事を書いたが、

これまで誰一人として2003、2005年の主力V戦士達のコーチ就任がなかった。

 

【阪神】金本コーチ就任へ!?指導者の育成も急務だ!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

 

私の想像ではあったのだが、何かしら球団との関係が良くないのではないか?

という疑念は長く持っていた。

 

今日付の「日刊ゲンダイ」は、その内幕について報じている。


人材豊富なのに入閣なし 阪神若手OBが球団に“総スカン”の理由 (日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース

 

相も変わらず、多大な貢献をした選手を大切にしない球団と、

様々な形での選手、球団との軋轢、遺恨。

 

昔から連綿と続く「悪しき伝統」は、何も変わっていなかったのだ。

 

ほとんど顔ぶれの変わらぬ現体制のベンチ首脳陣達。

金本、矢野、下柳、桧山、今岡、赤星…。

実績があった選手が、必ずしも名指導者になるとは限らないが、

現役時代にほとんど実績をあげていなく、その指導力にも疑問を

持たざるを得ない様なOBコーチが何名もいる。

 

野崎元球団社長から南社長へ代わり、真弓監督時代のチーム迷走。

現在はオーナーとも意見の一致を見ない、球団内の意思統一の無さ。

 

和田監督の責任論ばかりが先行しているが、フロントの責任は重い。

このままでは、次の世代の指導者の育成が出来ない、由々しき事態だ。

 

現体制での限界は既に見えていることなのだから、改めて「悪しき体質」に

逆戻りしてしまった球団を改革すべく「体制一新」しか道はない。

 

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。