[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【エボラ・最新情報】再び日本が救世主となるか?エボラウイルスの「抗体」大量精製に成功!感染対策 今後特効薬にも?

世界的感染が懸念される「エボラ出血熱」のウイルスを不活化する抗体の大量精製を、京都府立大大学院塚本教授グループが成功させたことが最新の情報で分かった。

WHOの最新の発表では、エボラ出血熱の感染者は世界で15000人を超え、死者も5420人にのぼるという。

これまでにも、本来はインフルエンザ治療薬であった「アビガン」99%ウイルスを遮断する「マスク」等、日本の企業が製造したものが治療や感染対策に使われてきたが、またも日本が今回は大学の研究によって感染拡大阻止への大きな一助となりそうだ。

【スポンサーリンク】



エボラ出血熱の抗体、ダチョウの卵で大量精製 京都府立大教授グループ - 産経WEST

「ゐ太夫のぶろぐ」では、これまでも何度か
エボラ出血熱関連」の記事を書いてきた。

しかし、世界的拡大は未だ広がりを見せ、収束の気配は見えて来ない。

【スポンサーリンク】


そんな中、ダチョウの「免疫力」の高さに刮目していた
京都府立大大学院塚本教授らのグループが、
そのダチョウの卵から「エボラ出血熱ウイルス」を不活化させる
抗体を大量生成することに成功し、12月中旬には抗体を利用した
スプレーが海外の空港で販売されるという。

現状「抗体スプレー」のため、あくまでもウイルスを「不活化」させ
感染を防ぐことが第一義とのことだが、
更なる研究によって「治療目的」に応用することも可能だという。

これまでも記事化してきた、日本の技術力、研究レベルの高さが、
エボラ出血熱」という世界的危機に対し、大きな貢献となりそうで、
改めて「日本の医学・科学・技術」のレベルの高さにも、
注目が集まりそうだ。

(関連記事)

世界的広がりをみせる「エボラパニック」 今こそ日本が世界を救う時!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

エボラ出血熱 ウイルス99%殺菌できる日本製マスクが救世主に!薬剤に続き世界を救う!?真の地球儀外交とは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【エボラ出血熱】国内初の感染者か!?西アフリカ渡航歴のあるジャーナリストに感染の疑い 現在、感染の有無を検体検査中! デマに惑わされパニックに陥ることなく冷静な対応を!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

エボラ出血熱「西アフリカ渡航歴確認」の問診だけでは防げない! 日本の感染診察マニュアルに疑問! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。