[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】F1オーストラリアGP2015 初日フリー走行 マグヌッセンクラッシュ!マクラーレンホンダ

いよいよ開幕した2015F1オーストラリアGP1日目のフリー走行

テストで十分に周回出来ていないMP4-30は、マシンのセットアップを煮詰めたいところ。

王者メルセデスに今季PU好調のフェラーリ、17歳マックス・フェルスタッペンの走り、法廷闘争中のザウバーは走るのか?にも注目が集まる。

【スポンサーリンク】



午前のP1セッション開始直後にピットアウトしたマクラーレンホンダの、
ジェンソン・バトンケビン・マグヌッセンだが、タイムは低調

セッション後半に入ると、またもやパワーユニットの「吸気系」トラブルが出たため、
2人ともピットアウト出来ない状況。

トロロッソの若き2人のドライバー、フェルスタッペン、カルロス・サインツjrは速いラップを重ねる。

一方、メルセデスは早い段階から余裕のショートランを試し、ニコ・ロズベルグが1分30秒を切ってくると、ハミルトンもすぐに2番手タイムを出してくるなど、好調ぶりが窺える。

そこにウイリアムスとフェラーリが上位に食い込もうとする構えの走り。

その後大きな変動なく序盤のロズベルグの1分29秒557がP1トップタイムで午前P1セッションを終了。

マクラーレンホンダのバトンは6周、マグヌッセンは7周の周回数で14位15位の順位で午前を終えた。

なお、法廷闘争中のザウバーはP1では走ることはなかった。

注目のトロロッソのヤングドライバー、サインツJr.が4位フェルスタッペンは6位と好調。

【オーストラリアGP2015フリー走行P1午前結果】

1 Nico Rosberg Mercedes 1m29.557s - 19
2 Lewis Hamilton Mercedes 1m29.586s 0.029s 19
3 Valtteri Bottas Williams/Mercedes 1m30.748s 1.191s 20
4 Carlos Sainz Jr. Toro Rosso/Renault 1m31.014s 1.457s 32
5 Sebastian Vettel Ferrari 1m31.029s 1.472s 13
6 Max Verstappen Toro Rosso/Renault 1m31.067s 1.510s 31
7 Felipe Massa Williams/Mercedes 1m31.188s 1.631s 19
8 Kimi Raikkonen Ferrari 1m31.310s 1.753s 14
9 Pastor Maldonado Lotus/Mercedes 1m31.451s 1.894s 22
10 Daniel Ricciardo Red Bull/Renault 1m31.570s 2.013s 9
11 Daniil Kvyat Red Bull/Renault 1m32.073s 2.516s 18
12 Sergio Perez Force India/Mercedes 1m32.247s 2.690s 22
13 Nico Hulkenberg Force India/Mercedes 1m32.261s 2.704s 19
14 Jenson Button McLaren/Honda 1m34.542s 4.985s 6
15 Kevin Magnussen McLaren/Honda 1m34.785s 5.228s 7
16 Romain Grosjean Lotus/Mercedes 2m17.782s 48.225s 5

【スポンサーリンク】



午後のP2セッションに入り、マクラーレンホンダは午前の少ない周回数を盛り返したいところ。

しかし、セッション開始直後にマグヌッセンがコーナリングでブレーキ遅れか挙動を失い、コースアウト、タイヤバリアにフロント右サイドを軽くぶつけ走行不能で、マシンを降りた。

マグヌッセンは事故直後に、すぐに立ち上がり怪我はない模様。

午後は、ロズベルグ、ハミルトン、ベッテルライコネンにボッタスとメルセデスフェラーリ、ウイリアムスが上位を占める。

メルセデスフェラーリ辺りはピット出口付近でスタート練習を始める余裕っぷり。

そんな中、マグヌッセンのクラッシュでマクラーレンホンダはバトン1台のみの走行となり、1周でも多くデータを取り調整を図るため、タイムは上げずに周回。

フリー終了まで走りたいバトンだが、突然パワーを失ったとピットへ戻る。

フリー走行初日は1日を通じてロズベルグがトップ。2位に0.1秒遅れでハミルトンとメルセデスが好調。

3、4番手にベッテルライコネンの調子を上げてきているフェラーリ

5番手にウイリアムスのボッタスと順当。

若さ溢れ少し無茶な走りを魅せるトロロッソの、サインツ.Jrとフェルスタッペンも面白い存在だ。

マクラーレンホンダはバトン21周、マグヌッセンが4周で初日フリー走行を終了。

【オーストラリアGP2015フリー走行P2午後結果】

1 Nico Rosberg Mercedes 1m27.697s - 29
2 Lewis Hamilton Mercedes 1m27.797s 0.100s 25
3 Sebastian Vettel Ferrari 1m28.412s 0.715s 33
4 Kimi Raikkonen Ferrari 1m28.842s 1.145s 33
5 Valtteri Bottas Williams/Mercedes 1m29.265s 1.568s 32
6 Daniil Kvyat Red Bull/Renault 1m30.016s 2.319s 27
7 Carlos Sainz Jr. Toro Rosso/Renault 1m30.071s 2.374s 41
8 Pastor Maldonado Lotus/Mercedes 1m30.104s 2.407s 11
9 Romain Grosjean Lotus/Mercedes 1m30.205s 2.508s 37
10 Nico Hulkenberg Force India/Mercedes 1m30.473s 2.776s 30
11 Felipe Nasr Sauber/Ferrari 1m30.755s 3.058s 33
12 Sergio Perez Force India/Mercedes 1m30.980s 3.283s 32
13 Jenson Button McLaren/Honda 1m31.387s 3.690s 21
14 Max Verstappen Toro Rosso/Renault 1m31.395s 3.698s 6
15 Marcus Ericsson Sauber/Ferrari 1m32.303s 4.606s 14
16 Kevin Magnussen McLaren/Honda 1m33.289s 5.592s 4

マクラーレンホンダにはまだまだレースというより、テスト走行の続きの感は否めない。

元チャンピオンのバトンにとっても非常に我慢を強いられる状態が続いているが、
アロンソも口にしていた、マシンのポテンシャルを引き出し、早期に上位に食い込める様、期待したい。

全体的には明日の予選の熾烈なポールポジション争いが楽しみだ。

(2日目フリー走行・予選の模様はこちら)

【速報】F1オーストラリアGP2015 予選 17,18位で実質最下位!マクラーレンホンダMP4-30 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
(関連記事)

【動画】いよいよ開幕!F1オーストラリアGP2015 テレビ中継 オンボードサーキット走行動画も! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【F1】マクラーレンホンダ アロンソ2015開幕戦オーストラリアGP欠場を発表! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】バトン101周走破!!第2回F1バルセロナテスト2015 2日目 マクラーレンホンダ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】アロンソ ウォール激突クラッシュ!病院搬送!F1バルセロナテスト2015 4日目午前 マクラーレンホンダ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【F1】そごう・西武でマクラーレンホンダ新旧マシンの展示イベント開催!子供は搭乗撮影も!3/4~ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【スポンサーリンク】


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。