[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】アロンソ大クラッシュ!優勝はロズベルグ!F1オーストラリアGP2016 決勝

最終更新:2016年3月26日 ホンダF1特番記事追加
F1オーストラリアGP2016、決勝レース。マクラーレン・アロンソの18周目のターン3で大クラッシュ!公式映像

マシンの損傷具合からは信じられないほど、アロンソは元気に自分でマシンから出て、ファンに手を振り無事でした。

その事故で波乱含みとなった開幕戦優勝は、メルセデス・ロズベルグ!2番手もハミルトンでワンツー。途中までトップを走行していたフェラーリ・ベッテルは3位に入っています。

【スポンサーリンク】


オーストラリアGP2016 決勝

今季から、スタート時はシングルクラッチに変わり、ドライバーの技量が試される各マシンがグリッドに着く中、クビアトが後方でストップしてしまい、再度フォーメーションラップ。

(映像)グリッド直前で止まってしまうクビアト

Race: Aborted start as Kvyat stops on way to grid

仕切り直しのスタートは、メルセデス・ハミルトンが失敗し、その割を食う形で、ロズベルグも遅れを取る中、フェラーリ・ベッテルが好スタートを切りトップ。

そして、フェラーリ・ライコネンもメルセデスを交わし、フェラーリが1、2でレース序盤をリード。

そして、18周目にマクラーレン・アロンソが衝撃の大クラッシュとなり、赤旗中断。

アロンソは、ハース・グティエレスをオーバーテイクする際に、グティエレスが想定より早くブレーキを掛けたため、追突。ウォールに激突し、宙を舞いながらタイヤバリアに激突。赤旗中断。

原形を留めないほど激しい損傷を負うも、アロンソは無事で、自分でマシンを降り、ファンに手を振りながらピットに戻る車に乗り込みました。

(映像)アロンソ衝撃のクラッシュ

Race: Huge crash as Alonso and Gutierrez bring out the red flag

【スポンサーリンク】


この赤旗で、フェラーリ勢のリードは無くなり、ベッテル、ロズベルグ、ライコネン、リカルドの順で、クラッシュ直前にタイヤ交換をしたハミルトンは7番手で再スタート!

24周目に、フェラーリ・ライコネンがエンジントラブルで、ピットインした際に炎が出るアクシデントもあり、リタイア。

(映像)ピットで火を噴くフェラーリ

Race: Raikkonen retires with flames pouring from his Ferrari

その後、35周目付近でベッテルはロズベルグに1.1秒まで迫られ、36周目にピットインするも、左フロントタイヤ交換に手間取り、ベッテルは4番手でコースへ復帰。

42周目にハミルトンが3番手リカルドを交わし、2番手に。

残り4周、53周付近で、3番手まで上がっていたベッテルが、ハミルトンを射程に捉えるも、55周目にコースアウトし勝負あり。

優勝は、メルセデス・ロズベルグ、2位ハミルトン、3位ベッテル、4位は地元オーストラリアのレッドブル・リカルド、5位にウィリアムズ・マッサ。

そして、6位には何とハース・グロージャンが、予選19番手から13人抜きで、チーム初戦を6位入賞で飾っています!

アロンソの衝撃のリタイアで、奮闘したバトンは、13位で入賞ならずも完走で開幕戦を終えました。

(映像)F1オーストラリアGP2016 決勝ハイライト

Race highlights - Australia 2016

F1オーストラリアGP2016 決勝結果

P Driver チーム Gap
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 57周
2 L.ハミルトン メルセデスAMG +8.060s
3 S.ベッテル フェラーリ +9.643s
4 D.リカルド レッドブル +24.330s
5 F.マッサ ウィリアムズ +58.979s
6 R.グロージャン ハース +72.081s
7 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +74.199s
8 V.ボッタス ウィリアムズ +75.153s
9 C.サインツ トロ・ロッソ +75.680s
10 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ +76.833s
11 J.パーマー ルノー +83.399s
12 S.ペレス フォース・インディア +85.606s
13 K.マグヌッセン ルノー +91.699s
14 J.バトン マクラーレン +1周
15 F.ナスル ザウバー +1周
16 P.ウェーレイン マノー +1周
R M.エリクソン ザウバー DNF
R K.ライコネン フェラーリ DNF
R R.ハリアント マノー DNF
R E.グティエレス ハース DNF
R F.アロンソ マクラーレン DNF
R D.クビアト レッドブル DNF

アロンソ 大クラッシュについてのコメント

「体調は問題ない。体のあらゆる部分をチェックしようとしている。とても大きなクラッシュだったからね」とアロンソ。

「ブレーキングゾーンでグティエレスのスリップストリームに入ろうとした。いくつかの要因が重なってクラッシュに至った」

「F1マシンの安全性の高さに感謝している。こうして生きて話していることにね。それが何より大事だ」

 事故の責任は誰にあると思うかと聞かれ「あれはレーシングアクシデントだ」とアロンソは答えた。
「僕らは戦っていた。そういう時は自分たちが300km/hで走っていることを忘れているが、どんな小さなクラッシュでも大事故につながり得るんだ」

 クラッシュの直後、自分がどこにいるのか分からなかったとアロンソは言う。
「ああいうときは自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。宙を舞って、空が見えたり、地面が見えたりの繰り返しで、分からなくなるんだ」
「(マシンが逆さまに着地して)止まった後、小さな隙間を見つけたのですぐに脱出した。家族が心配しないようにね」

「母がテレビを見ているはずだから、早くクルマから出て無事だと知らせたかった」

「でも自分がどこにいるのか分からなかった。コースからあまりに離れていたからだ。宙を舞っている時、『ずいぶんと遠くまで飛んじゃったな』と思っていた」

「すべてが外部から見るよりもゆっくり起きていた(ように感じた)。止まってほしいのに、全く止まらず、いつまでも飛んでいる。とても怖かった」

「(FIAのメディカルチェックを受けた結果)何も問題ないようだ。コクピットの中で跳ねたから膝に少し痛みがある。でもそれ以外すべて問題ないはずだ。明日の朝、起きてからまた報告しよう」

「こういうときは、何も起こらず、大きなケガもせず、生きていることに感謝する。でも次の瞬間にはレースを完走できなかったのが悔しいと思うんだけどね」

「開幕戦でノーポイントに終わったことにがっかりしている」
「パワーユニットは完全にだめになったと思う。マシンが完全に壊れてしまったからね。残念だけど仕方ない」

(引用:AUTO SPORT web)

(2016F1 第2戦バーレーンGP TV放送・日程・タイムスケジュール・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(2016年3月26日21時~NHK-BS「ホンダF1」特番放送!)
h-idayu.hateblo.jp

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。