読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1スペインGP2016決勝 フェルスタッペン史上最年少優勝の快挙!

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

更新:2016年5月21日 ディレクターズカット動画追加
2016F1第5戦「スペインGP」決勝の模様をご紹介します!今年のスペイン・カタルーニャは、歴史に残るレースとなりました。

スペインGP決勝は1周目のメルセデス同士のクラッシュ、リタイヤにより、レッドブルとフェラーリの白熱したレースとなり、レッドブル移籍初戦のマックス・フェルスタッペンが、18歳227日での史上最年少優勝を果たしました!

ちなみに、これまでの最年少記録は、今回2位に入ったセバスチャン・ベッテルが2008年のイタリアGPで記録した21歳73日で、この記録を大きく塗り替える快挙達成となりました。

【スポンサーリンク】


【目次】

スペインG2016P 決勝

スペインGP決勝 結果・タイム

P Driver Team Time Laps
1 M.フェルスタッペン レッドブル 1:41:40.017 2
2 K.ライコネン フェラーリ +0.616 2
3 S.ベッテル フェラーリ +5.581 3
4 D.リカルド レッドブル +43.950 4
5 V.ボッタス ウィリアムズ +45.271 2
6 C.サインツ トロロッソ +1:01.395 2
7 S.ペレス F.インディア +1:19.538 2
8 F.マッサ ウィリアムズ +1:20.707 3
9 J.バトン マクラーレン + 1Lap 2
10 D.クビアト トロロッソ + 1Lap 3
11 E.グティエレス ハース + 1Lap 2
12 M.エリクソン ザウバー + 1Lap 3
13 J.パーマー ルノー + 1Lap 2
14 K.マグヌッセン ルノー + 1Lap 3
15 F.ナッセ ザウバー + 1Lap 2
16 P.ウェーレイン マノー + 1Lap 2
17 R.ハリアント マノー + 1Lap 2
- R.グロージャン ハース STOP 4
- F.アロンソ マクラーレン STOP 2
- N.ヒュルケンベルグ F.インディア STOP 1
- N.ロズベルグ メルセデス STOP 0
- L.ハミルトン メルセデス STOP 0

(映像)スタート直後、メルセデスの同士討ちとなるクラッシュ

Race: Mercedes drivers out on lap one after colliding

(映像:Formula1.com公式HP)

【スポンサーリンク】


(動画)スペインGP2016決勝ハイライト

Race highlights - Spain 2016

(映像:Formula1.com)

スペインGP決勝スタートは、ロズベルグがハミルトンを交わし、1コーナーでトップに躍り出たものの、ロズベルグはターン3の立ち上がりで加速出来ず。

これを見たハミルトンは、直後のターン4でインからロズベルグをオーバーテイクしようとするも、イン側はロズベルグが占め、行き場を失ったハミルトンはグリーンゾーンまで飛び出し、スピン。

そのままコーナリング中のロズベルグに突っ込む形となり、2台とも激しくクラッシュし、そのままターン4のグラベルでストップ。

ハミルトンは一瞬頭を抱え、ロズベルグはステアリングを投げつけ、怒りを露わに。

スペインGP決勝の1周目で、メルセデスの2台が居なくなるという大波乱。

この事故で、セーフティカーが入り、トップにレッドブル・リカルド、フェルスタッペン、トロロッソ・サインツという順位になり、その後ろにフェラーリ・ベッテル、ライコネンが付き、3周を走行。

4周目でレース再開となり、サインツが4位ベッテルを抑える間に、レッドブル勢はリードを広げる展開。レッドブルは2チーム4台体勢の強みを発揮する。

10周を過ぎた辺りで、各チーム1回目のタイヤ交換で、ピットイン。

11周目にリカルド、12周目にフェルスタッペンがタイヤ交換を行うのを尻目に、ベッテルは15周目にピットイン。

交換後も、リカルド→フェルスタッペン→ベッテルの順位は変わらないものの、ニュータイヤを履いたベッテルはファステストを更新し、徐々にレッドブルとの差を縮める展開に。

この展開を読んだのか?元々、決めていたのか?レッドブルは28周目にリカルドをピットインさせ、2度目のタイヤ交換を行い、なぜかベッテルも29周目もピットインで、2台はこれで自動的に3ストップが必要になった。

この間にトップに立ったのは、クビアトとのトレードで移籍してきたばかりのフェルスタッペン。2番手にはライコネンが入り、両者の順位は変わらないまま35周目近辺で2台がピットイン。

直後の37周目、アンダーカットを狙いベッテルがピットイン。43周目にはリカルドがピットインし、3位ベッテル、4位リカルドに順位が入れ替わる。

1位のフェルスタッペンを猛追するライコネンは、フェルスタッペンの父親、ヨス・フェルスタッペンの現役時代に既にF1ドライバーになっていたため、親子2代に渡ってのバトルとなった。

ライコネンは、フェルスタッペンを射程圏内に入れるものの、オーバーテイク出来ない時間帯が続く。

ベッテルとリカルドも激しい3位争いを演じるが、ファイナルラップまであと1周というところで、リアタイヤがバーストし、ピットイン。


そして、迎えた66周目のファイナルラップ、最初にチェッカーを受けたのは、マックス・フェルスタッペン。移籍初レースで、嬉しい初優勝を挙げると共に、ベッテルが持っていた史上最年少優勝記録を塗り替え、18歳227日での初優勝という快挙達成。

2位にはライコネン、3位はベッテルが入り、タイヤがバーストの不運に見舞われたリカルドは、4位のままレースを終了。

カタルーニャでは、パフォーマンスを出せなかったウィリアムズ・ボッタスが5位に入り、次いでサインツ、フォースインディア・ペレス、ウィリアムズ・マッサと続いた。

マクラーレン・バトンは、2戦連続入賞の9位で完走も、アロンソはPUダウンのトラブルで、47周目にマシンストップでリタイヤ。

トロロッソへ移籍となったクビアトは、フェルスタッペンの優勝を尻目に10位入賞で、レースを終了した。

(動画)フェルスタッペン優勝決定走行シーン、インタビュー

Verstappen on his 'incredible' win in Spain

(映像リンク:Formula1.com)

(動画)ドライバー・オブ・ザ・デイはもちろんフェルスタッペン!

Your #F1DriverOfTheDay for Spain - Max Verstappen

(映像リンク:Formula1.com)

スペインGPでは、メルセデスの2台が1周目で居なくなったことによって、速さを増したレッドブルと少し低調なフェラーリの拮抗したバトルが見られ、面白い展開となった。

フリー走行から速さを魅せていたフェルスタッペンが、激しいバトルを制し、移籍即最年少優勝を達成をし、ピット作戦の成功・失敗も含めたバトルの多さが目立った今回のスペインGPに、F1人気低迷打開の大きなヒントがありそうだ。

そして、そのメルセデスの2台の事故に関してはFIAの裁定が下されることになっており、その結果も注目される。

マクラーレン・アロンソは、母国グランプリで入賞圏内にいながら無念のリタイヤ。

フリー走行中からパフォーマンスの良くなかったバトンのマシンと合わせて、更なるアップデートと安定性を高める必要が出て来ている。

次レースは、いよいよモナコGP。レッドブルのパフォーマンス向上とフェルスタッペンの優勝により、見所が多くなりそうだ。

(動画)クールなディレクターズカット版決勝ダイジェスト

Director's Cut: Spain 2016

(映像リンク:Formula1.com)

(スペインGP直後インシーズン合同テスト2日目もフェルスタッペンがトップタイム!)
h-idayu.hateblo.jp

(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

(F12016シーズン ドライバーズ・コンストラクターズポイント)
h-idayu.hateblo.jp

(スペインGP2016関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。

ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。