読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 見事な凱旋優勝で史上8人目の日本オープンWタイトル・賞金4000万円獲得!「日本オープンゴルフ2016」最終日

ゴルフ・PGA 松山英樹 石川遼 速報 コラム

最終更新:2016年10月18日
日本オープンゴルフ選手権2016 4日目・4ラウンドの松山英樹、石川遼のプレーの模様、コメント、全体ハイライト・リーダーボードをご紹介します!

3日目に首位に立った松山は、最終日もスコアを伸ばし、5バーディ、4ボギーの「69」(Par70)通算5アンダー、2位と3打差を付け、見事日本オープン初優勝を決めています!松山は既に同大会でローアマを獲得しており、史上8人目のローアマ・総合優勝のW受賞となりました!また、石川遼は3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「70」通算3オーバーの7位Tで大会を終えています。

【スポンサーリンク】


【目次】

日本オープンゴルフ選手権2016 最終日

4日目・4Rリーダーボード

順位 通算 プレーヤー 合計 1R 2R 3R 4R
1 -5 松山英樹 275 71 70 65 69
2 -2 李京勲 278 71 67 69 71
2 -2 池田勇太 278 72 69 66 71
4 -1 H-W.リュー 279 66 72 71 70
5 E 片山晋呉 280 70 70 68 72
6 +2 小平智 282 69 71 70 72
7 +3 稲森佑貴 283 70 72 73 68
7 +3 黄重坤 283 71 74 68 70
7 +3 石川遼 283 75 67 71 70
10 +4 S.ストレンジ 284 73 68 73 70
10 +4 金亨成 284 70 72 70 72
12 +5 B.ケネディ 285 72 69 73 71
12 +5 W.リー 285 71 76 66 72
14 +6 貞方章男 286 71 71 75 69
14 +6 藤田寛之 286 75 72 69 70
14 +6 比嘉一貴@ 286 75 72 66 73

世界の大舞台で活躍する松山英樹を一目観ようと、4日間で4万5257人のギャラリーを集めた2016年の日本オープンゴルフ。

最終日、通算4アンダー単独首位でスタートした松山は、5バーディ、4ボギーの「69」(Par70)と通算5アンダーまでスコアを伸ばし、大ギャラリーの期待に見事に応え国内メジャー初優勝を果たしました!

松山は学生時代に日本オープンで「ローアマ」を受賞しており、今大会でのローアマ・総合優勝のWタイトルは史上8人目。

またこの勝利で、国内ツアーでは、2014年の「ダンロップ・フェニックスオープン」以来となる通算7勝目となりました。

最終日、1打差の松山と同組で逆転優勝を狙った2014年のチャンピオン池田勇太はスコアを伸ばせず「71」で、イ・キョンフンと並び、通算2アンダーの2位T。

通算1アンダーの単独4位にはリュー・ヒョヌが入り、今大会のアンダーパーフィニッシュは4名のみ。

日本オープン仕様にセッティングされた今年の狭山GCが、どれだけの難易度を誇ったかを物語っています。

イーブンパーの単独5位には、日本オープン通算2勝の片山晋呉。

昨年のチャンピオン小平智は、通算2オーバーの単独6位で大会を終えています。

また、松山と大会を盛り上げた石川遼は、通算3オーバーの7位T。

今大会のローアマは、松山、池田らの後輩にあたる、東北福祉大3年の比嘉一貴が通算6オーバー、総合では14位Tで獲得しています。

【スポンサーリンク】


松山英樹 最終日のプレー

スコアカード

f:id:h-idayu:20161017014910p:plain
f:id:h-idayu:20161017014917p:plain

東北福祉大の先輩、池田勇太とのペアリングで、松山4アンダー、池田3アンダーと1打差でスタートした最終日。

スタート1番で池田がバーディを奪取し、並ばれた松山は直後の2番Par3でバーディを獲り、難しい3番Par4では松山ボギー、池田はダボ。

松山は6番バーディ、7番ボギーとバーディ→ボギーを繰り返す展開。

しかし8番でバウンスバックバーディを奪取すると、9番Par5では2オンに成功し、イーグルはならずも連続バーディ奪取で、池田とは4打差を付けてハーフターン。

難しいホールの多いバックナインに入ると、バーディを獲りきれない展開が続き、我慢のゴルフ。

15番でボギーを叩き、迎えた16番Par3では、ピン約10mに着けた下りのパットがジャストタッチで決まり、今大会一番のガッツポーズ!

この時点で2位の池田とは、4打差を付け、通算6アンダーで迎えた18番。約1.5mのウイニングパーパットは、アドレスに入ってから近隣で花火が打ち上がるハプニングがあり、僅かに外れボギーフィニッシュ。

しかし、2位以下が崩れていく中、5バーディ4ボギー「69」とスコアを伸ばしての初優勝は、世界でも屈指のトッププロ松山英樹として相応しい勝利となりました!

この日はティーショットが安定せず、フェアウェイキープ率は全体58位の21.43%ながらも、アイアンショットとパッティングでフォローし、パーオン率は61.11%で全体の10位T、平均パット数は1.6364で全体の12位というスタッツでした。

予選ラウンドでは、世界規格のセッティングに苦労したものの、深いラフや高速グリーンにアジャストし始めた3日目からは、松山らしさを随所に魅せてくれました!

松山英樹 優勝記者会見

―日本のメジャータイトルを獲った気持ちは?
うれしいです

―優勝候補の筆頭とされ、プレッシャーは大きかったか?
そういうのもありましたが、普段米国ツアーでやっていて、こんな風に注目されることもないですし、今回はホームのような感じがして、すごく楽しかったですね

―優勝を確信した瞬間は?
最後までなかったです。18番のアプローチでグリーンに乗って、安心しました

―これだけ(4日間で計4万5257人)のギャラリーが入ったが?
国内ツアーの人気低迷も言われていますが、今回、組み合わせもありますが、これだけのギャラリーが入ってくれた。上位の選手も国内でやっている選手ですし、実力的には変わらないと思う。でも、僕が海外でやっている選手だから応援してくださった方も多いと思う。僕は海外で頑張りたいです

―来年以降、国内ツアーの試合により出場したい気持ちが強くなった?
もちろん、出場したい気持ちはあります。でも本当にスケジュール次第だと思います。良い状態で、ベストを尽くせるコンディションで良いものを見ていただきたいと思っています

―来季の米国ツアーに向けて良いスタートが切れた?
結果的には良いスタートが切れたと思います。ただ、内容的にはまだまだです。昨日から少しずつ良くなってきた部分もあり、少し光が見えました

―石川遼選手と組む11月の「ワールドカップ」に向けては?
試合で一緒にできたのは大きい。僕は3日目、4日目と良くなったので、自分の状態を上げていきたいです

―松山選手が考えるプロゴルファーとしてあるべき姿は?
自分がそうだったように、子供たちに夢を与えるプレーをしたいと思っている。また支援などにしても、試合で上位にいかないと、そういうこと(支援など)もできないし、自分ができることを全力でやって、感動してもらえたらと思う

(引用:GDO)

石川遼 最終日のプレー

スコアカード

f:id:h-idayu:20161017014926p:plain
f:id:h-idayu:20161017014934p:plain

松山英樹、アダム・スコットとのペアリングとなった予選ラウンド初日はバーディ無しとなり、予選カットも懸念された石川遼。

しかし、2日目で「67」を出し、3日目「71」。最終日も3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「70」のパープレーでラウンドし、通算3オーバー、7位Tまで順位を上げてのフィニッシュ。

今週は休む間もなく、マレーシア・クアラルンプールに移動し、いよいよPGAツアー復帰戦「CIMBクラシック2016」を迎えます。

PGAツアーには「公傷制度」適用での復帰となるため、早い段階での結果が求められますが、国内ツアー復帰後5試合での成績は「日本プロ」での予選落ち後「KBCオーガスタ」優勝→2位→3位→7位と4戦連続トップ10フィニッシュ。

スイング改造後は、石川自身も腰への負担軽減と共に、確かなショットの手応えを口にしており、PGAでの上位争いも期待されます!

石川遼 ホールアウト後のコメント

「いいゴルフができたと思う。きのうよりきょうの方が良かった。手応えを感じている部分があるので、来週(出場する米国ツアー)は本当に楽しみです。今週も始まる前に自分のゴルフに不安はなかった。アイアンショットが初日は良くなかったけど、修正できた。その後の3日間はスコアを縮めることができた。やはり初日の出遅れが大きかったです。英樹は落とす感じもなかったので、さすがですね」

(引用:GDO)

(松山・石川出場!10月20日開幕PGA第2戦「CIMBクラシック2016」TV放送予定・組合せ・速報・動画・大会概要!)
www.idayu.jp
(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山・石川豪華競演!日本オープンゴルフ2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要!)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGA 2017 新シーズン ツアースケジュール・日程)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。