読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】松山・宮里「WGC-キャデラック選手権2016」初日 コメント、全体ハイライト、順位!

ゴルフ・PGA 松山英樹 動画 コラム

松山英樹、宮里優作出場「WGC-キャデラックチャンピオンシップ2016」初日の全体ハイライト映像、順位、ホールアウト後のコメントをご紹介します!

出場自体が危ぶまれた松山は、初日「70」のスコアで11位Tの好スタート!一方の世界選手権初出場の宮里優作は、ブルーモンスターの罠にはまり「76」56位Tと出遅れてしまいました。

世界のトッププロ66名のみが出場を許された予選落ちの無いエリートフィールドで、高額賞金と普段より高い設定のFedExポイント獲得にしのぎを削る闘いの模様をお伝えします!

【スポンサーリンク】





キャデラック選手権 初日 リーダーボード

f:id:h-idayu:20160304114800p:plain

キャデラック選手権 初日 全体ハイライト映像

youtu.be
(映像:PGA YouTube公式アカウント)

この日、首位に立ったのは、37歳で同い年のスコット・ピアシーと、マーカス・フレイザー。

距離が長く、難しい「ブルーモンスター」相手に、決して飛ばし屋ではない二人が「66」のスコアで、通算6アンダーで並びました!

通算5アンダー「67」で単独3位につけたのは、好調のフィル・ミケルソン。

4アンダー4位Tグループには、前週復活優勝を遂げたアダム・スコット、ダニー・ウィレット、ジェイソン・ダフナー、チャーリー・ホフマンの4人が並ぶ展開。

ジョーダン・スピース、バッバ・ワトソン、ジミー・ウォーカーの3人が、3アンダー8位Tグループ。

そして2アンダー、11位Tグループに松山英樹、リッキー・ファウラー、マット・クーチャーら5名。

ローリー・マキロイは、1アンダーで、単独12位。

ジェイソン・デイ、ダスティン・ジョンソンは、イーブンパーの13位Tグループで初日を終えています。

また、宮里優作は「76」の4オーバー、56位Tと初日出遅れスタートとなっています。

【スポンサーリンク】


ホールアウト後のコメント

松山英樹

プレー詳細 速報動画記事

h-idayu.hateblo.jp

(本番のラウンド後の怪我・痛みの具合について)「痛みも無く、変な感じのところはあったが、ゴルフに集中出来る形だったので良かった」

(ショットの調子は)「手応えは無い」「良い部分もあった」

(パットについて)「良かったけど、4番でパーパットを外してから少し悪くなった感じ。練習して良い形で明日を迎えたい」「イーグルパットが入ったことでスムーズに打てるようになって、他の微妙なパーパットも決められた」

(2日目以降に向けて)「求めてるところが高くないので今は満足いっているが、ここからそれが高くなればストレスも溜まってくると思うし、あまり追い求めないようにやっていきたい」

(引用:ゴルフネットワーク カッコ内著者編集)

宮里優作

スコアカード

f:id:h-idayu:20160304123238p:plain
f:id:h-idayu:20160304123249p:plain

初日は、2バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「76」4オーバーで出場66人中、56位Tと苦しいゴルフ。

(PAR5ホールはフォローの風が吹き、フルショットの誘惑が?)「狙っていくところが(練習日と)変わって、広い方に打てなくなった。2オンを意識しすぎてティショットで攻めすぎた部分がありました。フェードヒッターにはいい風で、やりやすいはずだったのに…」

(後半1番ダボの後、2番バーディも3番ボギー、6番バーディも7番ボギーと流れが作れなかった)「1ホールも粘れない、とキャディと話していた」

(8番PAR5では、池ポチャもチップインパー)「あしたから頑張れ!ってことですね。ちょっとオマケを頂きました。フィーリングは出てきていると思うので」

(引用:GDO カッコ内著者編集)

ゐ太夫の寸評

松山に関しては、ただただ頭が下がるばかりというのが正直な感想です。

出場自体が危ぶまれた、怪我と痛みは、全快ではないはずですが、ブルーモンスター相手に、堂々の2アンダー、11位Tスタート。

本人も今は求めているところが高くないというコメントもありましたが、初日の入り方としては、余計な力が抜けた、いい入り方が出来たのではないか?と。

全快で無い中、距離の長いトランプナショナルドラールで、おそらく本能的にフルスイングが出来ていないのでは?と推測していますが、しっかりスコアメイクしてくる辺りは、一流の風格を感じさせてくれます。

後半途中までパッティングのフィーリングが良かったことも、好材料です。

今回の松山は、求めているところが高くないまま、するするっと最終日も優勝争いに絡んで来そうな感もあり、初日の脱力ゴルフは、怪我の功名ではないですが、今後にも活きてきそうです。

一方の宮里優作は、ブルーモンスターの壁にぶつかった感がありますが、予選落ちがない大会だけに、今日の風の読み違いを明日以降に活かし、日本ツアー代表として、順位を上げて行って貰いたいところです。

(WGC-キャデラック選手権 TV放送・組合せ・ペアリング・概要)
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

(岩田寛 今後の出場予定・スケジュール)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。