[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】石川遼「ジョンディアクラシック2015」初日 前半崩れかけるも後半持ち直し-2スタート!

PGAツアー「ジョンディア クラシック2015」初日を迎えた石川遼。

前週の「グリーンブライアー」では好スタートを切りながら、終わってみれば76位という悔しい結果に終わった。雪辱を期すべく臨む今大会はフィールドは厚くないが、難易度の低いコースのため、アンダーパースタートは必須条件と言ってもいい。初日の石川はどういうゴルフを見せるか?

初日の石川は4バーディー、2ボギーの「69」(PAR71)2アンダー、首位と6打差の61位タイでホールアウトした。(暫定)

【スポンサーリンク】




ジョンディアクラシック初日、スタート時刻は現地時間12時30分と遅めのスタート。

石川のスタート時に、トップグループは既に-8、-7のスコアを出している。

例年通り大会会場のTPCディアランは、熾烈なロースコアの争いが繰り広げられることが予想される。

初日の石川の闘いは、ロベルト・カストロ、ティム・ウィルキンソンとのペアリングでOUTスタートで始まった!

1番395YPAR4

262Yのティーショットは左へ曲がり、フェアウェイをこぼれファーストカットへ。残り123Y。
セカンドは僅かにグリーンをオーバーし、ピンまで約8mの地点。
3打目でグリーンオンさせ、ピン約1.6mまで寄せて、パーでのスタートを切る。

2番561YPAR5

310Yのドライビングは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り233Y。
セカンドショットは見事に2オンさせ、ピンまで約11m。
イーグルパットはピン約1.2mまで寄せ、次のバーディーパットはしっかり沈めバーディー奪取!

見事な2オンからバーディー奪取で、波に乗っていきたいところ。

3番186YPAR3

ティーショットは1オンするが、ピンまで約8.5mを残す。
バーディーパットは僅かに外れ、このホールはパー

4番454YPAR4

288Yのティーショットは、フェアウェイ右サイドへ。残り150Y。
セカンドは大きくグリーンをオーバーし、ラフへ。約21mの距離を残す。
3打目アプローチはピン約3mまで寄せ、このホールもパー

5番433YPAR4

ティーショットはフェアウェイ左サイドをキープ。残り145Y。
セカンドはピン約4mに着ける絶妙なショット。
バーディーパットとなる3打目はしっかり沈め、バーディー奪取!

今日、2つ目のバーディーで29位タイグループに順位を上げてきた。

6番367YPAR4

ティーショットは、223Yとショートしミスショットで右へ曲げファーストカットへ。残り138Y。
セカンドは直接グリーンを狙えず、40Yフェアウェイに出し、残り110Y。
サードショットで3オンさせ、ピン約5.2mに着ける。
微妙な距離を残したパーパットは僅かに外れ、痛恨のボギーを叩いてしまう。

ティーショットのミスからボギーとしてしまい、1アンダーに戻し、56位タイに順位を落とす。

7番226YPAR3 ここは切り替えて行きたいところ!

ティーショットは1オンさせ、ピン約9.5mに着ける。
長い距離のバーディーパットは、カップをオーバー。
残り約1mのパーパットは沈め、このホールはパー

8番428YPAR4

ティーショットは再びミスショットで226Yの飛距離で大きく右へ曲げ、残りは185Y。
セカンドは直接グリーンを狙えず、フェアウェイへ出し、残り116Y。
3打目は、ピン約2.5mに着けるナイスショットを魅せる。
しかし、このパーパットを僅かに外してしまい、ボギーとしてしまう

再びティーショットのミスからのボギーで、イーブンパー。91位タイまで順位を落としてしまう

9番503YPAR4 長い距離のパー4 難易度1位のホールだけに気を付けたいところ

300Yのドライビングはフェアウェイ右サイドをキープ。残り210Y。
セカンドは2オンさせ、ピン約3.4mに着ける絶妙なショット。バーディーチャンス!
しかし石川はこのバーディーパットを僅かに外してしまい、パーで前半を終える。

前半の石川は2バーディー、2ボギーのイーブンパーでハーフターン。


この時点で97位まで順位を落としており、後半に巻き返していかないと、明日の予選カットの可能性も出て来てしまう。

前回大会から出ている右へ曲がるティーショットのミスが再び出て来ているのが気懸かりだ。

ただ、今回出ているミスショットは距離も出ないショート気味のドライバーショットになっており、メカニカルな面でスイングにかなり狂いが生じている可能性もある。

アイアンショットの精度も決していいとは言えず、厳しい状況だが、後半何とか修正・巻き返しを図りたい。



【スポンサーリンク】



10番596YPAR5 後半いいスタートを切りたいところ

269Yのドライビングは右のラフへ。残りは315Y。
セカンドはグリーン手前、残り114Yの地点へ。
サードショットで3オンさせ、ピン約1.3mに着ける。
このバーディーパットは、しっかり沈め、後半バーディースタート!

このバーディーで1アンダーに戻し、68位タイに順位を上げる。

11番432YPAR4

270Yの飛距離のティーショットは、フェアウェイ真ん中へ。残り163Y。
セカンドは2オン。ピン約9mに着ける。
この長い距離のバーディーパットをあと僅かのところで外し、パー

12番215YPAR3

ティーショットはピン約2.8mのベタピンの1オン。
しかしこのバーディーパットはカップをオーバー。返しのパットは約1mを残す。
このパーパットは沈めるも、何とももったいないパー

13番424YPAR4

294Yのティーショットはフェアウェイ右端をキープ。残り133Y。
セカンドは2オン、ピン約7mに着ける。
石川はこの微妙な距離のバーディーパットを見事に沈め、バーディー奪取!

このバーディーで再び2アンダーまでスコアを伸ばし、46位タイに順位を上げてきた!

14番361YPAR4

278Yのドライビングはフェアウェイ左サイドをキープ。残り76Y。
セカンドは2オンさせ、ピン約3mに着ける絶妙なショット。
再びバーディーチャンスを迎えるが、このバーディーパットは僅かに外してしまい、パー

15番484YPAR4

307Yのドライビングはフェアウェイ右端をキープ。残り156Y。
セカンドは2オン。ピン約4mに着けるナイスショット。
このバーディーパットも僅かに外してしまい、パー。

後半に入り、ティーショットの修正も出来、アイアンショットの精度も上がっているが、何度もあるバーディーチャンスを拾いきれていないのは気になる点だ。

16番158YPAR3

ティーショットは1オン。ピン約6mに着ける。
微妙な距離となったバーディーパットは惜しくも外れ、パー

17番569YPAR5 このパー5は獲っておきたいホール

287Yのティーショットはフェアウェイほぼ真ん中へ。残り250Y。
セカンドは239Yを飛ばし、グリーン右手前、残り約24mの位置へ。
3打目アプローチはグリーン奥へ3オン。ピン約4.3mに着ける。
このバーディーパットはやや弱くカップに届かず、ここもパー

18番476YPAR4

ティーショットは295Yの飛距離で、フェアウェイ右サイドをキープ。残り171Y。
セカンドはピン手前に2オン。ピン約12mに着ける。
長い距離のバーディーパットは、約1.3mを残す。
今日上がりのホールはパーでフィニッシュ。

初日の石川は4バーディー、2ボギーの「69」(PAR71)2アンダー、首位と6打差の61位タイでホールアウトした。


【石川遼 初日 ハイライト映像】



前半、精度を欠き苦しんだティーショットとアイアンショットは、後半に入り修正され、後半のフェアウェイキープ率は6/7

後半はボギー無しの2バーディーは前半のかなり悪い状況からよく立て直してきた。

しかし、後半、精度の高いアイアンショットで何度もバーディーチャンスを作るが、パッティングがことごとくカップに嫌われ、スコアを伸ばせなかったのは痛い。

現時点で、石川の2アンダーグループとその前後は相当数の人数がひしめいており、明日は1ストローク、1打1打が非常に大事になってくる。

ほんの僅かの差異で、上位争いと予選カットの両方の可能性があり、どれだけチャンスを拾えるか?に懸かって来そうだ。

シード権確保のためにより多くのポイントを稼ぐためにも、明日、2日目の重要度はより高まっている。

(ジョンディアクラシック TV放送予定)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 3日目の速報記事)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 2日目速報記事)
h-idayu.hateblo.jp

(石川遼 初日コメント 2日目スタート時間)
h-idayu.hateblo.jp


(関連記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

(ゴルフ関連記事一覧)
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。