[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

エボラ出血熱 ウイルス99%殺菌できる日本製マスクが救世主に!薬剤に続き世界を救う!?真の地球儀外交とは!?

ついにアメリカ、ニューヨークでもギニアで「国境なき医師団」として、

治療にあたっていた医師が、帰国後体調悪化し検査の結果「陽性反応」が出た

ことにより「人工密集地」での感染を怖れるパニック状態にあるという。

そして「エボラ出血熱」は今、世界経済にも深刻な影響を与えつつある。

【スポンサーリンク】


当ブログでも、何度か記事にしているが富士フィルム子会社の

富山化学工業が開発したインフルエンザ薬「ファビピラビル」(アビガン)が、

エボラ出血熱」にも効果があることが判明し、現在増産をしているところだが、
今度は

「ウイルス」が付着してもその99%は殺菌できるマスクが

世界の注目を浴びている。


エボラ対策 ウィルス殺菌99%の日本製マスクが救世主 - 産経ニュース

【スポンサーリンク】



西アフリカで猛威をふるうエボラ出血熱院内感染対策として、愛知県の民間企業がエボラウイルスを殺菌できるマスク計1万枚をリベリア、ギニア、コンゴの3カ国に寄贈した。防護服などの支援を行っている外務省も注目している商品で、日本の技術力が改めて評価されそうだ。

 開発したのは愛知県豊橋市のフィルター製造会社「くればぁ」。同社は独自技術を駆使し、エボラウイルスの粒子を食い止め、仮にウイルスが付着した場合でも99%殺菌できるマスクの製造に成功した。

 海外メディアの報道を受け、9月中旬にギニア政府から提供要請があったことが寄贈のきっかけ。同社は3カ国の駐日大使らを通じ、22日に出荷を終えた。

 洗浄して何度でも繰り返し使えるのが特徴で、1枚7980円で販売中。同社の担当者は「追加支援も検討している」としている。

世界が「エボラパニック」に陥る中、

予防と感染治療の両面に、日本の技術力が活かされる
ことになり、日本の技術力の高い評価とともに、

政府が先頭を切って「世界の救世主」となることを期待したい!

以前にも書いたが、それこそが

安倍総理が掲げる真の「地球儀外交」になる

のではないかと考えている。


世界的広がりをみせる「エボラパニック」 今こそ日本が世界を救う時!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


エボラ出血熱「西アフリカ渡航歴確認」の問診だけでは防げない! 日本の感染診察マニュアルに疑問! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。