[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 史上4位の早さで通算獲得賞金500万ドル到達!日本人最速記録大幅更新!

松山英樹のPGAでの生涯獲得賞金が500万ドルを超えた。先のノーザントラスト終了時点での大台を超えており、この大会が松山のプロ入り後39試合目。これまで丸山茂樹が持っていた最速記録98試合を大幅に更新した。

PGA史上でも、スピース、マキロイ、ブラッドリーに次ぐ歴代4位であり、獲得賞金の面でもビッグネームに名を連ねることとなった。

【スポンサーリンク】


PGAの大舞台でビッグネーム達と互角の戦いを演じている松山英樹。

そんな松山に生涯獲得賞金500万ドル到達でもPGA史上4番目のスピード記録を打ち立てた。

また日本人記録としては、これまで丸山茂樹が持っていた98試合での到達を大幅に更新した。

【米ツアー生涯獲得賞金500万ドル突破スピード記録】

※ノーザントラスト終了時

1位 ジョーダン・スピース/2014年AT&Aペブルビーチナショナルプロアマ/28試合
2位 ロリー・マキロイ/2011年全米オープン/34試合
3位 キーガン・ブラットリー/2012年WGC-キャデラック選手権/36試合
4位 松山英樹/2015年ノーザントラストオープン/39試合
5位 アンソニー・キム/2008年AT&Aナショナル/42試合
(上記引用:パーゴルフ)

(1位のジョーダン・スピース)

松山は未だPGA通算1勝のみでの500万ドル突破であり、この記録は彼の絶対的な安定感を示している。

その反面、あと一歩で優勝を逃している証左でもあり「あと1ストローク」の難しさと松山のパッティングの課題も見え隠れしてくる。

先の世界選手権「WGCキャデラック選手権2015」では苦しい戦いを強いられた松山は中1週空けて「アーノルド・パーマー・インビテーショナル2015」に出場予定。

近付いてきたメジャー初戦「マスターズ2015」を見据えての戦い方となっていくが、そろそろ今季初優勝が欲しい頃合いでもある。
松山の実力は誰もが認めるところであり、実績やデータも残しており、あとはいくつ勝てるのか?というハイレベルな実績を残していくことが可能な選手だ。

通算獲得賞金1000万ドル突破の際は、もっと順位を上げて達成することも期待したい。

【スポンサーリンク】



(関連記事)【ゴルフ】JGTO総会で「国内5試合ルール」話題にも出ず!ルール続行の機構の姿勢に?? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
松山英樹 最新世界ランク15位!FedExランキング11位!3/9/2015更新 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
【速報動画】松山英樹「WGCキャデラック選手権2015」最終日 初アンダーパーで通算+2フィニッシュ! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
松山英樹監修のウェッジ新発売!松山クラブセッティング2015【ゴルフクラブ】 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。