[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【動画】F1中国GP2015 テレビ中継・放送 2014公式ダイジェスト映像あり!

F1第2戦マレーシアGPでは、驚くべきスピードで進化を遂げている姿を魅せたマクラーレンホンダMP4-30とパワーユニット。

残念ながら決勝では2台ともリタイアとなったが、アロンソもバトンも中位グループとはバトルを仕掛けるほどのパフォーマンスを魅せました。

早くも3戦目の中国GPを週末に控え、第2戦ではあと1歩だった悲願の予選Q2進出、ロングランでの本格バトルが期待される展開となってきました。

そのTV中継・放送予定と概要、昨季の公式ダイジェスト映像もご紹介します。

【スポンサーリンク】


今年もメルセデスの独壇場か!?と思われた開幕戦オーストラリアGPから一転、予選でのスコールというアクシデントはあったものの、決勝で復活した跳ね馬フェラーリベッテルが久しぶりの優勝を果たしました。

マクラーレンホンダ復活への道、トロロッソの若きルーキー2人の走りと合せて、熾烈なトップ争いも加わり楽しみが増えた中国GPをご紹介します。

2015 F1第3戦 中国GP 概要

上海インターナショナル・サーキット 1周:5.451km 決勝56周

サーキットレコード ミハエル・シューマッハ  1分32秒238(2004年)

■タイムスケジュール (日本時間)

4月10日(金) フリー走行 FP11回目 11:00~12:30 (現地時間 10:00~11:30)
       フリー走行 FP22回目 15:00~16:30 (現地時間 14:00~15:30)

4月11日(土) フリー走行 FP33回目 13:00~14:00 (現地時間 12:00~13:00)
        予選 16:00~17:00 (現地時間 15:00~ 16:00)

4月12日(日)  決勝 15:00~ (現地時間 14:00~)

■テレビ中継・録画放送予定

・CS放送/フジテレビNEXT   放送日時(生中継分)

フリー走行1】 4月10日(金) 10:55~12:40
フリー走行2】 4月10日(金) 14:55~16:40

フリー走行3】 4月11日(土) 12:55~14:10
【予選】 4月11日(土) 15:50~18:00

【直前生中継】 4月12日(日) 14:30~14:50
【決勝】 4月12日(日) 14:50~17:50

※ネット配信 フジテレビNEXTsmartでも同時中継予定
フジテレビNEXTsmart - フジテレビの人気番組を動画配信!|フジテレビオンデマンド

BSフジ  NOTTV  放送日時
【予選】 4月11日(土) 24:00~25:00
【決勝】 4月12日(日) 23:30~25:10

【2014 F1中国GP ハイライト映像】

youtu.be

(映像:FORMULA 1公式アカウントより)

昨年は、ハミルトン、ロズベルグメルセデス勢のワンツーフィニッシュに、フェラーリアロンソがシーズン初の3位表彰台というレースになりました。


マクラーレンは、マレーシア・セパンで得た戦闘力の進歩は大きく今後に繋がるとしていますが、マシンのセッティング能力に定評のあるジェンソン・バトンは、気温の下がる中国GPではマレーシアGPで武器となったダウンフォースが威力を発揮しないため、厳しい戦いになるかもしれないとしています。

ただし、空力やパワーが改善されればいい闘いが出来るとし、たった1戦で大きくいい方向へ舵を取れたチームを称えてもいます。

ロン・デニスアロンソ、バトンも入賞出来るようになるのは、ヨーロッパラウンドからだろうという観測発言をしていますが、確実に入賞出来るマシンに仕上げるためにも一戦一戦が重要になってきます。

そして、もちろん一時代を築いたマクラーレンホンダと2人の元チャンピオンドライバーが入賞争いで満足するはずはなく、その次のステップ、つまり表彰台争いから優勝争いへと、早く確実に持っていかなければなりません。
メルセデスが強すぎるから、レギュレーションを変えろと主張しているチームもありますが、しばらくゴタゴタが続いたフェラーリが早くも表彰台の真ん中に立ったという事実を、文句ばかり言っているチームはどう捉えているのか?

今回の中国GPでは、フェラーリだけではなくウイリアムスやその他チームにも貪欲に打倒メルセデスを掲げ、表彰台の真ん中を狙って貰いたいものです。

逆にメルセデスもセパンでの作戦ミスとも技術不足とも言えるフェラーリより早いタイヤの減りを、どの技術を持って改善してくるのか?

セパンほど暑くはない上海では、やはりメルセデスは有利なのか?等々見どころの多いレースになりそうです。

【スポンサーリンク】


(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。