読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1中国GP2016フリー走行1回目・2回目 バトンは8番手タイム!!

F1・WEC・モータースポーツ 動画 速報 コラム

最終更新:2016年4月16日
2016F1GP第3戦「中国GP」1日目。フリー走行1回目・FP1、2回目・FP2の模様をご紹介します!

FP1走行後の再診の結果で、今後のレース出走可否を決めるとされていたマクラーレン・アロンソは、問題無くFP2以降の出走が認められ、FP1では12番手タイム、FP2では11番手タイムを出しています。

また2機目のPUを搭載した同僚バトンはFP1で8番手タイムを計測。また上位ではFP1はメルセデス勢が1-2、FP2ではフェラーリ勢が1-2と対照的な1日目のフリー走行となりました。

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 1回目 FP1

フリー走行1回目 FP1タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:38.037 16
2 L.ハミルトン メルセデス 1:38.183 16
3 S.ベッテル フェラーリ 1:38.665 12
4 D.リカルド レッドブル 1:39.061 13
5 K.ライコネン フェラーリ 1:39.155 11
6 D.クビアト レッドブル 1:39.625 14
7 C.サインツ トロロッソ 1:39.676 12
8 J.バトン マクラーレン 1:39.974 11
9 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:40.169 13
10 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:40.232 13
11 S.ペレス F.インディア 1:40.347 15
12 F.アロンソ マクラーレン 1:40.538 11
13 V.ボッタス ウィリアムズ 1:40.828 10
14 R.グロージャン ハース 1:41.358 9
15 M.エリクソン ザウバー 1:41.393 18
16 R.ハリアント マノー 1:41.614 20
17 J.パーマー ルノー 1:41.816 16
18 P.ウェーレイン マノー 1:42.908 14
19 F.ナッセ ザウバー 1:42.980 8
20 K.マグヌッセン ルノー No Time 6
21 E.グティエレス ハース No Time 2
22 F.マッサ ウィリアムズ No Time 4

(映像)リアタイヤバーストでスピンするマッサ

FP1: Massa pitched into spin after tyre issue

(映像:formula1.com公式HP)

このFP1後に再度メディカルチェックを受けるマクラーレンホンダ、フェルナンド・アロンソは、問題なくセッションをこなし、11周を消化し12番手タイム。

FP1セッションは、開始直後にメルセデス勢が1-2タイムを計測。ルイス・ハミルトンが1:38.802、ニコ・ロズベルグが1:39.122。

開始20分付近で、ウィリアムズ、フェリペ・マッサが左タイヤのトラブルで、ターン6でスピン、コースアウト。ここで路面上の清掃のため赤旗中断。

再開後、今度はルノー、ケビン・マグヌッセンがストレートで左リアタイヤにトラブル。再び赤旗中断。

残り10分弱の再開後は、各車コースイン。

ロズベルグが1:38.037でトップタイム。次いで、1:38.183のハミルトン、1:38.665のタイムのフェラーリ・ベッテルが3番手。4番手にウィリアムズ、ダニエル・リカルドを挟み、フェラーリ、キミ・ライコネンが5位となりました。

また、マクラーレンホンダ、ジェンソン・バトンも1:39.974とぎりぎり、1分39秒台のタイムを出し、8番手に入っています。

【スポンサーリンク】


フリー走行 2回目 FP2

フリー走行2回目 FP2タイム

P Driver Team Time Laps
1 K.ライコネン フェラーリ 1:36.896 35
2 S.ベッテル フェラーリ 1:37.005 33
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:37.133 33
4 L.ハミルトン メルセデス 1:37.329 33
5 D.リカルド レッドブル 1:38.143 31
6 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:38.268 28
7 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:38.527 31
8 C.サインツ トロロッソ 1:38.542 32
9 S.ペレス F.インディア 1:38.569 31
10 V.ボッタス ウィリアムズ 1:38.723 34
11 F.アロンソ マクラーレン 1:38.728 31
12 J.バトン マクラーレン 1:38.828 28
13 D.クビアト レッドブル 1:39.178 31
14 F.マッサ ウィリアムズ 1:39.214 34
15 J.パーマー ルノー 1:39.774 32
16 R.グロージャン ハース 1:39.890 22
17 P.ウェーレイン マノー 1:39.941 36
18 M.エリクソン ザウバー 1:39.979 35
19 R.ハリアント マノー 1:40.550 33
20 F.ナッセ ザウバー 1:41.066 32
21 E.グティエレス ハース 1:42.954 4
22 K.マグヌッセン ルノー No Time

路面温度が47℃まで上昇する中、始まったFP2。

セッションの早い段階で、バトンがソフトタイヤで、1:38.868のタイムを出しトップに。アロンソも1:39.512のタイム。

すぐにロズベルグが、1:37.761と38秒台を切るタイムでトップ。

その後はメルセデスの2台が1分37秒台で1-2体勢をキープしたまま時間は経過していきました。

順位が動いたのは、ちょうどセッションの折り返しの開始45分、フェラーリ・ベッテルが1:37.005でトップタイム。

直後にライコネンが1:36.896をマークし、ベッテルを抜き唯一の36秒台でトップ。フェラーリのライコネン→ベッテルという1-2体勢で3-4番手にメルセデス・ロズベルグ→ハミルトン。

レッドブル・リカルドが5番手、6番手トロロッソ・フェルスタッペン、7番手フォースインディア・ヒュルケンベルグ、8番手トロロッソ・サインツと、トロロッソは安定した速さを魅せています。

マクラーレンホンダの2台は、アロンソが1:38.728で11番手、すぐ後の12番手に1:38.828のタイムで、バトンが入りFP2は終了しました。

(映像)ブレーキから出火するハース・グティエレス

FP2: Gutierrez limps to the pits with smoking brakes

(映像:Formula1.com公式HP)

(映像)中国GP1日目 FP1・FP2 ディレクターズカットダイジェスト

From failures to flames - Friday's best action from China

(映像:Formula1.com公式HP)


(中国GP2016 予選 PPはロズベルグ!ハミルトンは最後尾スタート!)
h-idayu.hateblo.jp
(中国GP2016 各日速報 TV放送 レーススケジュール)
h-idayu.hateblo.jp
(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。