読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1ロシアGP2016フリー走行1回目・2回目 バトンは8番手好タイム!

最終更新:2016年5月2日
2016F1GP第4戦「ロシアGP」1日目。フリー走行1回目・FP1、2回目・FP2の模様をご紹介します!

ここまで開幕から3連勝を挙げているメルセデス・ロズベルグと、冴えが見えないハミルトンの対比は昨季と全く逆。どこでハミルトンが巻き返してくるのか?フェラーリ勢にも期待が懸かるところ。

マクラーレンホンダは今回から空力パーツを大きく変更し、その効果か、FP2ではバトンが8番手、アロンソが10番手のタイムを出しています!

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 1回目 FP1

フリー走行1回目 FP1タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:38.127 32
2 L.ハミルトン メルセデス 1:38.849 31
3 S.ベッテル フェラーリ 1:39.175 19
4 K.ライコネン フェラーリ 1:39.332 18
5 F.マッサ ウィリアムズ 1:39.365 14
6 D.リカルド レッドブル 1:39.650 24
7 V.ボッタス ウィリアムズ 1:39.802 34
8 D.クビアト レッドブル 1:40.218 26
9 S.ペレス F.インディア 1:40.287 22
10 C.サインツ トロロッソ 1:40.654 21
11 J.バトン マクラーレン 1:40.663 19
12 F.アロンソ マクラーレン 1:40.771 18
13 S.シロトキン ルノー 1:40.898 24
14 F.ナッセ ザウバー 1:41.085 21
15 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:41.134 22
16 E.グティエレス ハース 1:41.238 18
17 R.グロージャン ハース 1:41.385 20
18 J.パーマー ルノー 1:41.671 25
19 M.エリクソン ザウバー 1:41.962 22
20 P.ウェーレイン マノー 1:42.483 21
21 R.ハリアント マノー 1:42.687 8
22 A.セリス ジュニア F.インディア 1:43.432 23

(映像)ソチ・オートドローム バードビュー

A bird's-eye view of the Sochi Autodrom

ここまで開幕3連勝、昨季からの連勝を6まで伸ばしているニコ・ロズベルグがソチのFP1でも快調な走りを魅せ、1:38.127のトップタイム。

現在、トップのニコと36Pt差のハミルトンは、1:38.849で2番手。メルセデス2台のタイムは、いずれもスーパーソフトタイヤでのもの。

フェラーリ勢は、セッション終盤にソフトタイヤでベッテル、ライコネンが3-4番手タイムを計測。

今回からマシンの空力面を大幅に変更してきたマクラーレンホンダは、バトンが19周を走行し11番手、アロンソが18周走行で12番手タイム。

こちらもソフトタイヤでの計測で、まずまずの走りを魅せています。

(画像)マクラーレンホンダMP4-31 フロントウイング

(画像)MP4-31 リアビュー

【スポンサーリンク】


フリー走行 2回目 FP2

フリー走行2回目 FP2タイム

P Driver Team Time Laps
1 L.ハミルトン メルセデス 1:37.583 30
2 S.ベッテル フェラーリ 1:38.235 10
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:38.450 37
4 K.ライコネン フェラーリ 1:38.793 35
5 D.リカルド レッドブル 1:39.084 34
6 V.ボッタス ウィリアムズ 1:39.185 42
7 D.クビアト レッドブル 1:39.193 32
8 J.バトン マクラーレン 1:39.196 31
9 F.マッサ ウィリアムズ 1:39.289 38
10 F.アロンソ マクラーレン 1:39.400 30
11 C.サインツ トロロッソ 1:39.465 37
12 M.フェルスタッペン トロロッソ 1:39.501 30
13 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:39.795 31
14 S.ペレス F.インディア 1:39.867 38
15 K.マグヌッセン ルノー 1:40.193 41
16 R.グロージャン ハース 1:40.260 24
17 E.グティエレス ハース 1:40.508 26
18 J.パーマー ルノー 1:40.688 37
19 F.ナスル ザウバー 1:40.740 31
20 R.ハリアント マノー 1:41.080 38
21 P.ウェーレイン マノー 1:41.148 23
22 M.エリクソン ザウバー 1:41.652 29

FP2もドライコンディションの中、スタート。

しかし、コースアウトするマシンが続出し、特にセクター3最後のターン17からターン18では、アロンソやハミルトンと言った実績十分のドライバー達もコースアウトやスピン。

(映像)コースアウト続出のFP1・FP2

Spins and sparks in Sochi - Friday's best action from Russia

そんな中、セッション開始30分辺りから各チーム、スーパーソフトタイヤでのタイムアタックに入り、唯一の1分37秒台のラップを計測したハミルトンがトップタイム。

次いでベッテル、ロズベルグ、ライコネンと、FP2はメルセデス、フェラーリが入り組む形で4番手までを形成。

ベッテルは、1:38.235のタイムを計測した直後のラップで、電気系統のトラブルに見舞われ、ノーパワーの状態となり、ストレート脇でマシンストップし、このままセッション終了となってしまいました。

(映像)電気系トラブルでマシンストップのベッテル

FP2: Power loss brings Vettel to halt

何度かターン17-18でコースアウトする同僚アロンソを尻目に、巧くラップをまとめていたバトンは、早い段階で1:39.196の好タイムを出し、一時4番手。最終的には8番手に入っています。

燃料を多く積んでいたためか、ソチのサーキットに手を焼いていたアロンソも最終的には、1:39.400で10番手タイムを出しています。

ここのところ、毎レースどちらかのマシンにトラブルが出るフェラーリは、既にベッテルが3基、ライコネンも2基目のPUで臨んでおり、再びベッテルのPUトラブル発生で、信頼性の低さを露呈する形となってしまいました。

また、ベッテルのマシンは、中国GPで物議を醸した1コーナーでのライコネンのマシンとの接触により壊れたギアボックス交換をするため、5グリッド降格処分が決まっていました。

(ロシアGP2016 タイムスケジュール TV放送 各日結果速報)
h-idayu.hateblo.jp
(ロシアGP2016決勝 ロズベルグ4連勝!マクラーレンはW入賞!)
h-idayu.hateblo.jp
(ロシアGP2016 公式予選 FP3 速報動画)
h-idayu.hateblo.jp
(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。