読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】F1スペインGP2016フリー走行1回目・2回目 地元アロンソは7番手!

更新:2016年5月15日
2016F1GPは第5戦「スペインGP」を迎え、いよいよヨーロッパラウンドに入ります。その1日目。フリー走行1回目・FP1、2回目・FP2の模様をご紹介します!

マクラーレンホンダ・アロンソ、トロロッソ・サインツにとっては母国GPとなるスペインGP。予選、決勝へ向け、地元ファンにいいパフォーマンスを魅せたいところ。また、クビアトとのトレードで、レッドブルに昇格となったフェルスタッペンと事実上の降格扱いとなったクビアトの2人にも注目が集まります。

期待のマクラーレンホンダは、FP2でアロンソが7番手タイム、バトンも12番手タイムを出しており、明日、悲願の予選Q3進出に大きな期待が懸かります!

【スポンサーリンク】


【目次】

フリー走行 1回目 FP1

フリー走行1回目 FP1タイム

P Driver Team Time Laps
1 S.ベッテル フェラーリ 1:23.951 22
2 K.ライコネン フェラーリ 1:24.089 18
3 N.ロズベルグ メルセデス 1:24.454 34
4 L.ハミルトン メルセデス 1:24.611 33
5 D.リカルド レッドブル 1:25.416 25
6 M.フェルスタッペン レッドブル 1:25.585 29
7 V.ボッタス ウィリアムズ 1:25.672 36
8 C.サインツ トロロッソ 1:26.078 19
9 F.マッサ ウィリアムズ 1:26.186 32
10 F.アロンソ マクラーレン 1:26.243 18
11 K.マグヌッセン ルノー 1:26.576 30
12 D.クビアト トロロッソ 1:26.583 21
13 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:26.938 27
14 S.ペレス F.インディア 1:27.064 9
15 F.ナッセ ザウバー 1:27.253 27
16 R.グロージャン ハース 1:27.258 17
17 E.グティエレス ハース 1:27.283 18
18 M.エリクソン ザウバー 1:27.392 24
19 J.バトン マクラーレン 1:27.610 19
20 P.ウェーレイン マノー 1:28.084 29
21 R.ハリアント マノー 1:29.052 34
22 E.オーコン ルノー No Time 6

(映像)カタルーニャサーキット バードビュー

A bird's-eye view of the Circuit de Barcelona-Catalunya

(映像:FORMULA 1.com)

前回、ロシアGPで空力パーツのアップデートを施し来たマクラーレンホンダは、今回、フロントウイングに更に細かな変更を施してスペインGPに臨む様です。

他チームもヨーロッパラウンドに入り、続々とアップデートをされたパーツを持ち込んできており、これまでの勢力図が変わる可能性も出て来ており、注目のスペインGP初日となりました。

FP1セッション開始直後から、コースインし周回を重ねたのはメルセデス勢。

メルセデスは得意の?ミディアムタイヤでロズベルグ、ハミルトンが1-2。

フェラーリはソフトタイヤでアタックに入り、ライコネン、ベッテルの順で、メルセデスのタイムを上回り、1-2体勢。

セッション序盤では、ルノーのテストドライバー、エステバン・オコンのマシンのリアタイヤがパンクするトラブルで、ピットイン。その後はコースイン出来ないままセッションを終えることとなりました。

フォースインディア・ペレスはオイル系等のトラブルで白煙を吹き、ピットイン。ペレスのFP1は9周のみとなりました。

セッション中盤に入り、再びトップチームもアタックに入る中、フェラーリ・ベッテルは1:23.951のトップタイム。ライコネンが1:24.089で2番手。

次いで、ロズベルグ、ハミルトンの順でメルセデス勢の2台。5-6番手はウィリアムズではなく、レッドブルの2台でリカルド、フェルスタッペンの順。

ここまで好調だったウィリアムズは、7番手にボッタスが入り、トロロッソ・サインツを挟み、9番手にマッサ。

そして、フェルナンド・アロンソは10番手タイム。ジェンソン・バトンはマシントラブルを抱え、19番手となっています。

【スポンサーリンク】


(映像)スペインGP 1日目 FP1・FP2ハイライト

Unstoppable to undriveable - Friday's best action from Spain

(リンク先:FORMULA1.com)

フリー走行 2回目 FP2

フリー走行2回目 FP2タイム

P Driver Team Time Laps
1 N.ロズベルグ メルセデス 1:23.922 35
2 K.ライコネン フェラーリ 1:24.176 31
3 L.ハミルトン メルセデス 1:24.641 27
4 S.ベッテル フェラーリ 1:25.017 35
5 C.サインツ トロロッソ 1:25.131 39
6 D.リカルド レッドブル 1:25.194 37
7 F.アロンソ マクラーレン 1:25.342 31
8 M.フェルスタッペン レッドブル 1:25.375 31
9 S.ペレス F.インディア 1:25.437 32
10 N.ヒュルケンベルグ F.インディア 1:25.453 35
11 V.ボッタス ウィリアムズ 1:25.708 30
12 J.バトン マクラーレン 1:25.893 20
13 R.グロージャン ハース 1:25.899 33
14 K.マグヌッセン ルノー 1:26.244 40
15 D.クビアト トロロッソ 1:26.375 44
16 F.マッサ ウィリアムズ 1:26.491 36
17 J.パーマー ルノー 1:26.770 16
18 P.ウェーレイン マノー 1:26.960 40
19 R.ハリアント マノー 1:27.252 39
20 F.ナッセ ザウバー 1:27.812 40
21 E.グティエレス ハース 1:28.205 9
22 M.エリクソン ザウバー 1:28.501 42

FP2もFP1に続いてドライコンディションの中、スタート。

FP2最初のアタックではフェラーズ勢はミディアムでアタック。ベッテル-ライコネンの1-2。

直後にメルセデスがアタックに入ったタイミングで、ルノー・パーマーがメインストレートで、タイヤをバーストさせ、赤旗中断。

再開直後にアタックに入ったアロンソは、1:26.268で、この時点でのトップタイムを叩き出すも、最終的には1:25.342で7番手タイム。

再開直後にPUが停止してしまい、下り坂を使ってピットに戻ったバトンも、1:25.893で12番手タイム。

FP2のトップタイムは、ロズベルグの1:23.922。2番手はライコネン、3番手にハミルトン、4番手ベッテルと、FP2はメルセデスとフェラーズが交互に並びました。

5番手には、母国GPとなるサインツが入り、6番手にリカルド、アロンソを挟み、レッドブル移籍初戦のフェルスタッペンが8番手と健闘。

ここまでフェラーリの次の序列であったウィリアムズは、スペインでは苦しい展開で、フォースインディア2台の後ろの11番手にボッタス、マッサは16番手となっています。

そして、トロロッソ移籍初戦で注目のクビアトはFP1で12番手。FP2で15番手となっています。

ここまで、イマイチ信頼性の低かったフェラーズが安定した速さを見せてきており、メルセデスとの予選もこれまでよりは白熱しそうです。

そして、着実に速さと信頼性を築きあげてきているマクラーレンホンダの予選Q3進出なるか?にも注目が集まります!

(スペインGP2016 タイムスケジュール TV放送 各日結果速報)
h-idayu.hateblo.jp
(スペインGP2016 予選 アロンソ初Q3進出!)
h-idayu.hateblo.jp
(2016F1GP日程・スケジュール レギュレーション改正等記事)
h-idayu.hateblo.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


F1 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。