[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「フェニックスオープン2015」初日前半好調も後半スコア崩し-2でホールアウト!

「ウェイストマネジメントフェニックスオープン2015」1日日を迎えた松山英樹。

大会前のパワーランキングでは堂々の5位に入り、昨年も4位タイの実績を残すなど、再び上位争いが期待されている。

初日の松山は前半ショットが冴え渡るも、後半に入りパットに苦しみ、4バーディ、2ボギーの「69」(パー71)トータル-2、首位に5打差、29位タイでのホールアウトとなった。

【スポンサーリンク】


松山英樹「フェニックスオープン2015」大会前インタビュー映像

https://youtu.be/DadDlY2hZSQ
(映像:ゴルフネットワーク公式アカウントより)

初日はバッバ・ワトソン、ビリー・ホーシェルと実力者とのペアリングで
大会運営側の期待も高い松山はOUTスタート。

1番PAR4ではピンまで約3.3mのバーディーパットを外してしまい、パー。

2番PAR4もパーセーブ。

3番PAR5は、セカンドをグリーン右手前のバンカーに入れてしまうが、
残り41Yのバンカーショットをピンまで約2.4mに寄せるスーパーショットでバーディー。

4番~6番はパーで凌ぎ、
7番215YPAR3ではティーショットをピン側約2.1mに付けるショットで、
バーディー奪取。

連続バーディーを狙いたい8番PAR4では約3.8mのバーディーパットを外し、パー。

前半上がりの9番PAR4ではセカンドショットをピンまで約4mまで寄せ、
バーディー奪取。

前半はショットの正確性が冴え渡り、3バーディーで-3。
後半もこのまま上位をキープしたい。

後半INに入り10番~13番まではパーセーブで我慢のゴルフが続く。

14番PAR4はセカンドをグリーン左のバンカーに入れ、
バンカーからのサードショットは寄せきれず。
ピンまで約5.1mのパーパットを僅かに外してしまい今日初のボギー。

15番PAR5は池越えのセカンドショットが届かずウォーカーハザード。
ピン約4.5mのパーパットも僅かに外し、連続ボギーでスコアを落とす。

16番163YのPAR3ではティーショットをピン約3.3mに寄せるも、
バーディーパットを外しパーセーブ。

17番332YPAR4はティーショットでグリーンまで33Yまで飛ばすロングドライブで、
アプローチもピン約4.1mに付けるもバーディーパットを外しパー。

最終上がりの18番442YPAR4では残り135Yのセカンドをピン側約1.8mに
付けるスーパーショットを魅せ、バーディーを奪取。

【スポンサーリンク】


初日の松山は4バーディ、2ボギーの「69」(パー71)トータル-2、首位と5打差、29位タイでのホールアウトとなった。

前半はスーパーショットが何度も見られ、余裕の距離のバーディーパットで、
3バーディーとスコアを残したが、後半に入るとそのセカンドショットが、
微妙な距離を残し始め、固いグリーンでのパッティングに苦しんだ。

3ホールを3パットでボギーとしており、パッティングの正確性に課題が出た。

2日目の明日はショットの正確性を維持したまま3m~5mのパットをどれだけ
入れて行けるか?

© 2014-2018 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。