[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

モレスキンのアナログ感を消さずに「デジ・アナ融合」した新しい「モレスキン」の姿

昔から多くのファンを持つ「モレスキン

 

スマートフォンタブレットPCが普及しても、

あの書き味と使用感を求め「モレスキン」が手放せない人も多い。

 

実際「モレスキン ever note」の様な、実際に書いたものを

デジタル変換で「ever note」に取り込めるものは、

以前からあったのだが、今回開発された

モレスキン」と専用のペンは、

デジタルとアナログの「ハイブリッド」という形で、

今後の新しい文具とデジタルギアの方向性を打ち出している。

 


あのモレスキンもデジタルに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

私は「iPad」「iPad mini」でスタイラスを使って、そのまま書き込んでいるが、

どうも味気なさを感じてはいた。

モレスキン」に書いたものを「ever note」に取り込んでというのも

やっていたが、イチイチ取り込むのも面倒くさく、いつの間にか

止めてしまった。

 

書いているそばから「デジタルギア」に読み込んでいくという手法は、

画期的で、これまでの「なぞってスキャン」「撮影スキャンでデジタル化」を

はるかに凌ぐ簡略さがある。

 

モレスキンの書き味が好きで、手放せない人にとっては、

まさに「アナログとデジタルの融合」いいとこ取りだ。

 

現在、アメリカで発売されている「限定版ノート」が30ドル前後、

専用のペンは150ドルくらいからと、滅茶苦茶高い訳でもない。

 

「デジタルの味気なさ」を感じている人にとっては、

救世主が現われたと言っては、言い過ぎだろうか。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。