[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【プレミア】チェルシーvsトッテナム まさかの大量失点で惨敗!なぜ大敗を喫したのか?トッテナムに秘策あり?

プレミアリーグ チェルシートッテナムのリーグ戦は3-5という衝撃の結果に終わった。

モウリーニョ復帰2年目の今季は、アーセナル以来の無敗記録も期待されたが、それも途絶え、ここに来てトッテナム相手にまさかの大量失点。

有能なスタッフがいる他チームは今回のトッテナムの戦い方から、何かを見出しているはずで「オンリーワン」モウリーニョは「オンリーワン」で居続けることが出来るのか?今後の戦い方に注目が集まる。

【スポンサーリンク】



f:id:h-idayu:20150104210101p:plain
我が目を疑うとはまさにこういう状況を言うのだろう。

鉄壁の守備と切り替えの早い速攻で、無敗のままシーズンを終える
可能性も示唆されるほどの盤石さを魅せていたチェルシーに陰りが出始めたのか?

ここ5年間負けたことがないトッテナム相手に5失点の完敗。

【スポンサーリンク】



12月6日のニューカッスル戦で1-2で負けるまで「無敗」で来たチェルシー

まさに「スペシャルワン」の名に相応しいモウリーニョの「絶対ルール」を
遵守した規律正しいサッカーで、独走状態に入るかと思われたが、
上記の敗戦を喫し、司令塔アザールの怪我もあり、少しずつ陰りを見せ始めていた。

既に勝ち抜けを決めていたチャンピオンズリーグでも、モウリーニョらしく
手を抜かず勝利し、持ち直したかに思われたが、2014年最後のサウサンプトン相手に
1-1のドロー。

そして中3日というハードスケジュールではあったものの今回の5失点大敗。

トッテナムは試合開始から前掛かりで、とにかくチェルシーにプレッシャーを
かけまくり、パスコースを消し、最終ラインもかなり上げてきた。

前半ヂエゴ・コスタのゴールで先制した前後の僅かな時間だけ、
チェルシーの時間帯と言って良い状態だった。

トッテナムは、とにかくボールを奪うこと、奪ってからはほぼ全員で攻撃参加し、
これまでのチェルシーのお株を奪う様な戦い方を魅せた。

ボールを持っていない選手達の動きも素早く、チェルシーDFを惑わせつつ
緩慢な動きを交わす動きも冴えていた。

後半、モウリーニョは4-1-4-1にシステム変更するも、普段の高速カウンターが
機能せず、逆にトッテナムに4点目5点目を献上してしまった。

特にジョン・テリーは疲れからか2度も股抜きゴールを決められており、
言い換えればトッテナムは、ジョン・テリーを敢えて狙っていたのでは?
と思わせる動きも見せていた。

守備の連携、カウンターに出ようとしてすぐにインターセプトされる
チェルシーらしからぬプレーが随所に出てしまった。

トッテナム監督のポチェッティーノチェルシー相手に得点を重ねて
いるにも関わらず、ゴールシーンでも試合後も冷静で、元来の気質以上に
チェルシー対策が巧くはまった満足感の様なものを感じさせた。

チェルシーが5失点するのは、前回のモウリーニョ体制下でも無かったはずで、

この敗戦でマンチェスター・シティに完全同率首位に並ばれた。

プレミアリーグとしては俄然面白くなってきたが、少しずつ不安定さが
出て来たチェルシーを、モウリーニョはどう修正してくるのか?

次のリーグ戦は11日、今季痛い敗戦を喫したニューカッスルと再び相まみえることになる。

モウリーニョの手腕発揮にはもってこいの注目カードだ

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


スポーツ ブログランキングへ

勝ち続ける男 モウリーニョ スペシャルワン、成功の理由

勝ち続ける男 モウリーニョ スペシャルワン、成功の理由

モウリーニョの流儀

モウリーニョの流儀

(関連記事)

【疑惑試合動画】アギーレ八百長疑惑の渦中に巻き込まれる日本代表選手 協会(JFA)の後手の対応に? 疑惑試合映像も検証! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【サッカー日本代表】ついにアギーレ告発!スペイン検察庁「八百長問題」で聴取開始!サッカー協会には大きな責任有り! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【国語語源】八百長問題の「八百長」ってどういう意味?由来・語源は? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【天皇杯】決勝戦 ガンバ大阪ついに「三冠」達成!波乱のシーズンを奇跡的「偉業」で締めくくる! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。