[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「ウェルズファーゴ選手権2015」最終日 出入りの激しいゴルフで20位タイフィニッシュ!

「ウェルズファーゴ チャンピオンシップ2015」4日目、最終日を迎えた松山英樹。(追記:動画を追加しました)

3日目はショットの精度は戻ってきたものの、課題のパットで思う様にスコアを伸ばしきれなかった。

マキロイが驚異的なスコアで独走しているが、最終日に強い松山が、どこまでスコアを伸ばしてくるか?は見どころだ。

【スポンサーリンク】



期待された3日目ムービングデーは、正確なショットを武器に順調にスコアを伸ばしていたが、微妙な距離のパットを外してしまうもったいないホールや、上がりの17、18番の連続ボギーで、通算-6としたものの23位に順位を落としてしまった。

松山得意の最終日の追い上げが見られるか?

最終日はケビン・ストリールマンとのペアリングでスタートした。

1番418YPAR4

ティーショットは左ラフへ。残りは135Y。
セカンドショットはグリーンを捉え、ピン約4.6mに着ける。
バーディーパットはカップをオーバーし、パー。

2番178YPAR3

ティーショットはピン側約90cmに着けるスーパーショット。
ここは難なくパットを沈め、バーディー奪取。

早い段階でのバーディーで、トータル-7。15位タイに順位を上げる。

【松山英樹 2番 ベタピンスーパーショットでバーディー】

youtu.be
(映像:ゴルフネットワーク)

3番452YPAR4

304Yのドライビングはフェアウェイ右目へ。163Yを残す。
セカンドは、グリーン左のサイドバンカーへ。残りは13m。
バンカーショットは、ピン約1.8mに着け、このホールはパーセーブ。

4番483YPAR4

305Yのティーショットは、フェアウェイバンカーに捕まる。残りは167Y。
セカンドはグリーン右手前のバンカーへ。残り約14.6m。
3打目バンカーショットは、ピン約1.5mまで寄せるナイスリカバリー。
しかし、パーパットを外してしまい、痛恨のボギー。 

課題のパットで決めきれず、トータル-6に戻す。

5番570YPAR5

ティーショットは左のラフへ。残りは240Y。
セカンドショットはフェアウェイ左のバンカーへ。残り54Y。
バンカーからの3打目は、ピン約6.4mに着ける。
バーディーパットは、強めに出てしまい、約1.2mを残す。
ここで返しのパーパットも強めに打ち、連続ボギー。

続けてパットのフィーリングがぶれ、トータル-5とする。34タイに順位を落とす。

6番250YPA3 長い距離のPAR3だが、何とか踏ん張りたい。

ティーショットはグリーン左手前のバンカーへ入れてしまい、残り約24mを残すピンチ。
しかし、セカンドバンカーショットは、ピン側約90cmに寄せパーセーブ。

7番532YPAR5 ここは拾っていきたいホール。

ティーショットは321Yの飛距離で、フェアウェイ右目をキープ。残り198Y。
セカンドは2オンし、残り約14.6mの位置。
イーグルパットは再び強めに出て、約2.7mを残す。
このパットは沈め、バーディー奪取。

このバーディーで、トータル-6に戻し、24位タイ。

8番350YPAR4 このまま波に乗っていきたいところ。

265Yのティーショットはフェアウェイをキープ。残り90Y。
セカンドアプローチは、グリーンオーバー。ピンまで残り約7m。
3打目はピン約1.5mまで寄せるが、ここもカップをオーバー、
パーパットを外し、もったいないパー。

パッティングのタッチが強めに出て合わないのが気になるところ。

このボギーで、再びトータル-5とし、34位タイに順位を落とす。

9番495YPAR4 前半上がりのホールは獲っておきたいところ。

ティーショットは左へ曲げ、林へ。残り211Y。
セカンドも再び林へ打ち込んでしまい、残り165Y。
3打目はグリーンに届かず、右手前へ残り約20mの位置へ。
4打目はピン約90cmまで寄せるも入らず、連続ボギー。

前半は2バーディー、4ボギーの出入りの激しいゴルフ。

ショットも松山の思い通りに打てておらず、何よりパッティングのフィーリングが悪く、短い距離も外してしまう苦しい展開。

フロントナインを終えたところでは、41位タイまで順位を落としており、後半は巻き返して、6大会連続トップ25フィニッシュは死守したいところだ。

10番598YPAR5

300Yのドライビングは右のラフへ。残りは287Y。
セカンドはグリーン手前、フェアウェイ残り約81Y。
3打目アプローチは、ピン側約1.2mまで寄せ、このホールはバーディー奪取。

これでトータル-5に戻す。

11番426YPAR4、12番456YPAR4、13番210YPAR3はパーセーブ。

14番345YPAR4 そろそろバーディーが欲しいところ。

298Yのドライビングは、1オンを狙うが、僅かにグリーン手前約7.3m。
2打目は見事、ピン約90cmまで寄せ、バーディー奪取。

このバーディーで、トータル-6。

15番577YPAR5 波に乗って、ここでもバーディーを獲っておきたい。

317Yのロングドライブは、フェアウェイキープ。残りは233Y。
セカンドショットは、グリーン手前、残り約4.8mの地点。
3打目は、あわやイーグルの素晴らしい寄せを魅せ、バーディー奪取。

このバーディーで、再びトータル-7までスコアを伸ばす。

16番508YPAR4 「グリーンマイル」が相手でもスコアを伸ばしたいところ。

ティーショットは、左のラフへ。残り224Y。
セカンドはグリーン右へ大きく外れ、38Yを残す。
3打目でピン約5.5mに着けるが、次のパーパットは僅かに外れ、ボギー。

手痛いボギーで、トータル-6へ戻す。

17番221YPAR3 池越えのショートホール

ティーショットはグリーン右に外し、残り約15.5mの地点。
2打目で、ピン約1.2mまで寄せ、パーセーブ。

18番493YPAR4 難易度1位のホール

313Yのティーショットは、右のラフへ。残り196Y。
セカンドショットは2オンし、ピン約12mに着ける。
3打目で、約1mまで寄せ、パーセーブ。

最終日の松山は、5バーディー、5ボギーの「72」トータル6アンダーでホールアウトした。


前半はとにかくパットが決まらず、短い距離のパットを外す場面も多く、ボギーが先行する苦しいゴルフを強いられた。

ショットでも少しずつ精度を欠き、松山が苛立つ場面が見られた。

しかし後半に入りパットは悪いながらも、3つのバーディーを獲ったが、スコアを伸ばすことは出来なかった。

ただ、これで7戦連続トップ25フィニッシュとなり、大崩れしない松山の持ち味は見られた。

松山の次戦は中2週を空け、いよいよディフェンディングチャンピオンの「ザ・メモリアルトーナメント」の出場となる予定。

この2週間でパットの調整をし「メモリアルトーナメント」では、昨季王者らしいゴルフを期待したい。

(関連記事)h-idayu.hateblo.jp

【スポンサーリンク】



(関連記事)h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。