読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 初日は「69」-2で好位置スタート!「ドイツバンク選手権2016」

最終更新:2016年9月3日 初日全体ハイライト・順位表・松山コメント追加
プレーオフシリーズ第2戦「ドイツバンクチャンピオンシップ2016」1日目・1ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

バークレイズでは、まさかの予選落ちとなってしまった松山。ボストンに入り練習ラウンドでは復調気配の様子。逆転年間王者と夢の1,000万ドルに向け、巻き返しに期待が懸かる!

初日の松山は、ショットが復調気配を魅せ、3バーディ、1ボギーの「69」(Par71)首位と4打差の通算2アンダー、38位Tでホールアウトした!

【スポンサーリンク】


プレーオフシリーズ第2戦は、開幕戦から25人がカットされ、FedExポイントランク上位100名での戦い。

松山はレギュラーシーズンに獲得したポイントで、第3戦「BMW選手権」までの出場権を獲得している。

トップ30名のみで戦う最終戦「ツアー選手権」の出場権も、早く確定させておきたい。

予選2日間は、ディフェンディングチャンピオン、リッキー・ファウラーとウィリアム・マクガートとのペアリングで、初日はOUTから、現地13:16にスタートした!

1H365YPar4

252Yのティーショットは、FW左サイドへ。残り104Y。
セカンドショットは、ピン手前3.4mに着ける絶妙なショット!
このバーディパットは僅かに外れ、パー発進!

2H542YPar5

左ラフから、残り250Yのセカンドは、池越えグリーン手前。残り98YFWへ。
3打目アプローチは、ピン奥1.2mに着けるスーパーショット!
しかし、このバーディパットはカップをオーバーし、パー。

3H208YPar3

ティーショットは、ピン右2.8mに着け、バーディチャンス!
しかし、ここもバーディパットを僅かに外してしまい、パー。

4H353YPar4

松山のティーショットは、1オン狙いだが、グリーン左手前のバンカーへ。残り18Y。
セカンドバンカーショットは、ピン右手前5.6mに着ける。
微妙な距離を残すパットとなったが、松山ここは見事に沈め、初バーディ奪取!

5H466YPar4

左ラフから、残り184Yのセカンドは、2オンに成功するも、ピン左12mと距離がある。
長いバーディパットは、タッチはピタリと合う、惜しいパットで寄せ、パー。

6H465YPar4

FW左から、残り139Yのセカンドは、グリーン手前側のピンをデッドに狙うが、傾斜でグリーンをこぼれファーストカットへ。残り14Y。
セカンドアプローチは、あと25cmでチップインの惜しいショットとなり、タップインパー。

7H600YPar5

FW左サイドから、残り307Yのセカンドは、ピンまで63Y、FWへ。
3打目アプローチは、あと僅かでチップインイーグルの絶妙なショット!
松山、ここはしっかり決め、今日2個目のバーディ奪取!

8H213YPar3

ティーショットは、距離感が合わず、グリーン下の段に着ける。残り17m。
長い上りのバーディパットは、カップを2.4mオーバーするが、返しは決め、パー。

9H472YPar4

左サイド、ネイティブエリアから、残り149Yのセカンドは、ピン手前5.4mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは、僅かにオーバーするが、ここはナイスパーセーブ!

前半は、2バーディ、ノーボギーの通算2アンダー、21位Tでハーフターンとなった。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160903051622j:plain

【スポンサーリンク】


10H425YPar4

セカンドは、右ラフから、ピン左手前5.8mに着ける。
ここも惜しいパットとなり、タップインパー。

11H231YPar3

ティーショットは、ピン手前12mに着ける。
ここも長いパットとなったが、タッチは合っており、タップインのパー。

12H461YPar4

311Yのドライビングは、FW左サイドへ。残り147Y。
難しい位置のピンをデッドに狙い、ピン手前4.3mに着ける絶妙なショット!
松山、微妙な距離のパットも決め、後半初バーディ奪取!

ショット、パット共に素晴らしい価値ある内容のバーディで、通算3アンダー。12位Tグループへ!

13H 451YPar4

FW右サイドから、残り164Yのセカンドは、グリーン手前の難しいピンポジションを果敢にデッドに狙い、ピン奥4.4mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは、ほんの僅かに外し、パー。

14H 495YPar4

306Yティーショットは、FW右サイドへ。残り179Y。
少しショートすればバンカーという手前に打たれたピンポジションだが、ここも果敢に狙い、ピン手前4.6mに着ける絶妙なショット!
微妙な距離のバーディパットは、外れてしまい、パー。

15H 421YPar4

FW右サイドからのセカンドは、ピン手前4.5mに着ける。
ここは強めに出てしまい、カップを1mオーバーするが、返しを決め、パー。

16H 187YPar3

ティーショットは、ピン右手前16.4mに着ける。
ロングパットは、カップを1.3mオーバー。
この返しのパットもオーバーし、今日初ボギーとしてしまう。

今日はパットで崩れることはなかったが、ここに来ての手痛いボギーで、2アンダー、30位Tへ。

17H 412YPar4

FW右サイドから、残り169Yのセカンドは、ピン手前14.3mに2オン。
続けてロングパットとなったが、ここはタッチが合い、パーセーブ。

18H 530YPar5

難易度18位ホール

276Yのティーショットは、FW左サイドへ。残り262Y。
セカンドは、僅かにグリーン左FWへ。残り19Y。
3打目アプローチは、ピン奥1.5mに着ける!
このバーディパットを外してしまい、パーでフィニッシュ。

初日の松山は、3バーディ、1ボギーの「69」(Par71)首位に4打差の通算2アンダー、38位Tでホールアウトした!

ゐ太夫の寸評

この日は、これまでの様なティーショットでの飛距離は影を潜め、ドライビングディスタンスは289.2Yで、全体の53位。

フェアウェイキープ率は64.29%(9/14)で、55位Tで、ティーショットの貢献度は、0.301と低い数値。

しかし、セカンドショット、アイアンショットの精度が高く、パーオン率は、94.44% (17/18)と1ホール外しただけで、これは全体でトップの精度を誇る!

ショットの貢献度(SG:TEE TO GREEN)は、3.171と、かなり高い数値を出し、これは全体6位。

それでもなかなか、スコアは伸ばせず、悪いながらも耐えてきたパッティングは、終盤16番で1.3mのパーパットを外してしまった。

ティーショットはまあまあ、精度の高いアイアンショット、課題はパッティングという、少し前までの松山のゴルフスタイルが、良くも悪くも、見られた初日のラウンドとなった。

通常、ここから徐々にアジャストしていくパターンが多く、今日は仲の良いリッキー・ファウラーとのラウンドということもあり、とてもリラックスしている様子も伺えた。

前戦「ザ・バークレイズ」は、何度も何度もクラブを叩きつけようとする仕草を見せ、イライラを引きずったプレーで、結果予選落ちとなってしまった。

明日以降は、アイアンショットの精度がもう少し上がり、チャンスに着けられれば、パットのフィーリングも良くなりそうな気配があるため、松山の高い修正能力に期待したい!

(ドイツバンク選手権 初日 松山コメント・全体ハイライト・順位表)
www.idayu.jp
(ドイツバンク選手権2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要)
www.idayu.jp

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(石川遼関連記事)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹 各最新ランキング・プロフィール)
www.idayu.jp
(松山英樹 スイング動画 クラブセッティング)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。