[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「ヒーローワールドチャレンジ2017」最終日 スーパーイーグル含むチャージも及ばず通算-11!5位Tフィニッシュ! ⛳

松山英樹出場「ヒーローワールドチャレンジ2017」4日目・4ラウンドの模様、結果速報、動画をご紹介します!⛳

ディフェンディングチャンピオンとして連覇を狙う松山。最終日はいきなりのイーグル発進でチャージを掛けるも及ばず、1イーグル5バーディ、3ボギーの「68」通算11アンダー、5位Tでフィニッシュ!

優勝は、リッキー・ファウラーが前半での7連続バーディを含む11バーディ、ノーボギー「61」をマーク!通算18アンダーで見事大逆転優勝を遂げています!

【スポンサーリンク】



Embed from Getty Images

松山英樹の4日目・4ラウンドのプレー


ディフェンディングチャンピオンとして連覇の期待が懸かる「ヒーローワールドチャレンジ」

4日目・最終日は、強風と硬く高速化したグリーンというコンディションの中、マット・クーチャーとのペアリングで、現地11時32分にスタートした!

前半 OUT

1H  423Y Par4

ティーショットはFW左サイドへ。
最初の選択より、おそらく番手を落として臨んだセカンドショットは、何とチップインイーグル!

【動画】1番 完璧な読みのショットでチップインイーグル!


(映像:PGA公式HP)

2H  187Y Par3

勢いに乗って行きたいティーショットはピン手前約5mに1オン。
難しい下りラインのバーディパットは、カップを2.5mほどオーバー。
嫌な距離を残したパットはしっかり沈め、ナイスパーセーブ!

3H  572Y Par5

FW右サイドからのセカンドは、強風にも煽られ、グリーン右のウェイストエリアへ。
3打目アプローチはロブで手前に落としてからランでピン右手前約2.5mに着ける絶妙なショット!
松山、ここもしっかり沈め、バーディ奪取!

4H  489Y  Par4

セカンドショットは、ピン左手前約8mに2オン。
長いバーディパットは、僅かに外れ、パー。

5H  180Y  Par3

ティーショットは、ピン左手前約7mに着ける。
長いバーディパットは、カップ手前約1mを残し、パー。

6H 595Y Par5

FW右サイドからのセカンドは、風にも煽られ、右サイドのネイティブエリア。ススキのブッシュ中へ打ち込む。
ここはアンプレヤブルとし2クラブレングスFW側のウェイストエリアにドロップ。
4打目はピン右約2.5mに着ける絶妙なリカバリー!
パーパットは僅かにカップをオーバーし、ボギーとしてしまう。

7H 350Y Par4

グリーン手前FWからのセカンドは、ピン手前約7mに2オン。
バーディパットはカップ左に逸れ、パー。

8H 216Y Par3

ティーショットはピン右手前約6mに着ける。
バーディパットは僅かにカップ手前で、タップインパー。

9H 603Y Par5

左ラフからのセカンドはレイアップし、FWセンターへ。
3打目アプローチは、ピン奥約3mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは、ここも僅かに外れ、パー。

前半のスコア

前半は1イーグル1バーディ、1ボギーの「34」通算9アンダーでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20171204054902p:plain

【スポンサーリンク】



後半 IN

10H 435Y Par4

左ラフからのセカンドは、ピン左手前約4.5mに2オン。
ここも微妙な距離のバーディパットを僅かに外し、タップインパー。

11H 589Y Par5

セカンドショットは、グリーン左手前のウェイストエリアへ。
ピンはショートサイド、難しいアプローチはピン横20cmに着ける絶妙なショット!
ここはタップインで、バーディ奪取!

12H 202Y Par3

ティーショットはピン左手前にキャリーで落とすも、傾斜で池側に転がり、危うく池ポチャ手前ラフで止まる。
セカンドアプローチは絶妙なロブショットで、チップインかと思われたが、カップに蹴られ、パー。

13H 483Y Par4

右サイド、ウェイストエリアからのセカンドは、ピン左奥4mに着ける。
微妙な距離のバーディパットは外れ、パー。

14H 298Y Par4

グリーン左手前ウェイストエリアからのセカンドは、ピン手前約10mに着ける。
かなりの距離を残したパットをジャストタッチで沈め、見事なバーディ奪取!

【動画】14番 ロングパットを見事に沈めバーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)

15H 548Y Par5

右サイド、ウェイストエリアからのセカンドは、ピン左約6mに2オン!
長いイーグルパットは僅かに外れるも、タップインで連続バーディ奪取!

16H 485Y Par4

FW右からのセカンドショットは、ピンハイ左約5mに2オン!
長めのパットを見事に沈め、3連続バーディ奪取!

17H 184Y Par3

ティーショットはグリーン左、池ギリギリのバンカーへ。
セカンドバンカーショットは、ピン奥約1.5mに着ける。
このパーパットはカップに蹴られ、ボギーとしてしまう。

18H 470Y Par4

右サイドウェイストエリアからのセカンドは、FWセンターへ。依然グリーンまでは距離を残す。
3打目アプローチは、ピン手前約5mに着ける。
パーパットはショートし、連続ボギーでのフィニッシュ!

最終日・ファイナルラウンドのスコア

4日目・4ラウンドの松山は、1イーグル5バーディ、3ボギーの「68」通算11アンダー、5位Tで大会を終えた!

後半スコア

f:id:h-idayu:20171204054938p:plain

【スポンサーリンク】



ゐ太夫の寸評

かなりの強風が吹きすさんだ3日目に比べれば、弱まったものの依然風は強く、グリーンは大会期間中一番高速となったコンディションの中での最終日。

スタートホールで見事なチップインイーグルを魅せ、3番でもバーディを奪取し、一時2位Tと大逆転優勝の期待も膨らむ滑り出し。

しかし、6番で惜しいパットを外しボギーとすると、7番、9番でももったいないパットでスコアを伸ばせず。

後半に3日連続の3連続バーディで猛チャージを掛けるも、7連続バーディでホフマンを交わし悠々首位に立ったリッキー・ファウラーを追走することは出来ませんでした。

しかし、大会を通じてパッティングは好調で、それに連られる様にショットの精度も上がる良いサイクルで、内容の濃いゴルフを魅せてくれました!

3日目は暴風の中、周囲の選手が苦しむ中で、出入りは激しかったもののバーディを量産し、同組のタイガーも絶賛する内容。

グリーン廻りのショートゲームでも安定感を魅せ、来年のメジャー初制覇に向け、松山英樹の新しいゴルフがある程度、形を成してきた感があります。

惜しくも大会連覇は逃しましたが、今年最後の大会を上位で締めくくり、次戦年明けの「セントリートーナメントオブチャンピオンズ」までの約1ヶ月を気分良く休養に家族サービスに、そして調整に充てられることは、何よりの収穫であったと考えています!




その他松山英樹・ゴルフ関連記事

松山英樹 今後の出場予定・スケジュール
www.idayu.jp
石川遼 今後の出場予定・スケジュール
www.idayu.jp

松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!
www.idayu.jp





※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。