[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】ルマン24時間レース2017 予選1回目 小林可夢偉トヨタ7号車が暫定PP!中嶋一貴8号車2番手!

更新:2017年6月16日 予選2・3回目レポート追加
FIA・WEC世界耐久選手権第3戦「ル・マン24時間耐久レース2017」予選1回目の模様をご紹介します!

予選1回目に暫定PPに立ったのは、小林可夢偉がドライブしたトヨタ7号車!2番手も中嶋一貴が叩き出したラップタイムでトヨタ8号車!3番手にはポルシェ2号車が割って入り、トヨタ9号車は4番手となっています!

スタートグリッドは予選3回のセッションでのベストタイムで決定するため、まだまだ変動がありそうです!

【スポンサーリンク】



ルマン24時間レース2017 予選1回目

予選1回目 LMPクラス順位

順位 No. クラス チーム名/車名 ドライバー ラップ
1 7 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing マイク・コンウェイ 3:18.793 -
トヨタ TS050 HYBRID 小林 可夢偉 - -
ステファン・サラザン - -
2 8 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing セバスチャン・ブエミ 3:19.431 +0.638
トヨタ TS050 HYBRID アンソニー・デビッドソン - -
中嶋 一貴 - -
3 2 LMP1-H ポルシェ LMP チーム ティモ・ベルンハルト 3:19.710 +0.917
ポルシェ 919 Hybrid アール・バンバー - -
ブレンドン・ハートレー - -
4 9 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing ニコラス・ラピエール 3:19.958 +1.165
トヨタ TS050 HYBRID 国本 雄資 - -
ホセ・マリア・ロペス - -
5 1 LMP1-H ポルシェ LMP チーム ニール・ジャニ 3:21.165 +2.372
ポルシェ 919 Hybrid アンドレ・ロッテラー - -
ニック・タンディ - -
6 4 LMP1 バイコレス レーシングチーム オリバー・ウェッブ 3:28.887 +10.094
ENSO CLM P1/01 - Nismo ドミニク・クライハマー - -
マルコ・ボナノミ - -
7 28 LMP2 TDS レーシング フランソワ・ペロード 3:29.333 +10.540
オレカ 07 - ギブソン マシュー・バシビーレ - -
エマニュエル・コラール - -
8 31 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン ニコラ・プロスト 3:29.851 +11.058
オレカ 07 - ギブソン ジュリアン・キャナル - -
ブルーノ・セナ - -
9 25 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング ロベルト・ゴンザレス 3:30.502 +11.709
オレカ 07 - ギブソン シモン・トリュンマー - -
ヴィタリー・ペトロフ - -
10 24 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング トー・グレイブス 3:30.847 +12.054
オレカ 07 - ギブソン ジョナサン・ハーシー - -
ジャン-エリック・ベルニュ - -
11 38 LMP2 ジャッキー・チェンDCレーシング ホー・ピン・タン 3:31.024 +12.231
オレカ 07 - ギブソン トーマス・ローラン - -
オリバー・ジャービス - -
12 36 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート ロマン・デュマ 3:31.065 +12.272
アルピーヌ A470 - ギブソン グスタボ・メネゼス - -
マシュー・ラオ - -
13 35 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート ネルソン・パンチアティシ 3:31.439 +12.646
アルピーヌ A470 - ギブソン ピエール・ラギュ - -
アンドレ・ネグラオ - -
14 13 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン ネルソン・ピケJr. 3:31.636 +12.843
オレカ 07 - ギブソン デビッド・ハンソン - -
マティアス・ベシェ - -
15 26 LMP2 G-DRIVE レーシング ロマン・ルシノフ 3:31.945 +13.152
オレカ 07 - ギブソン ピエール・ティリエ - -
アレックス・リン - -
16 22 LMP2 G-DRIVE レーシング メモ・ロハス 3:31.963 +13.170
オレカ 07 - ギブソン 平川 亮 - -
ホセ・グティエレス - -
17 40 LMP2 グラフ ジェームス・アレン 3:32.477 +13.684
オレカ 07 - ギブソン フランク・マルテッリ - -
リチャード・ブラッドレー - -
18 39 LMP2 グラフ エンツォ・ギベール 3:32.987 +14.194
オレカ 07 - ギブソン エリック・トゥルイエ - -
ジェームス・ウインスロー - -
19 29 LMP2 レーシングチーム・ネダーランド ヤン・ラマース 3:33.796 +15.003
ダラーラ P217 - ギブソン フリッツ・ヴァン=アード - -
ルーベンス・バリチェロ - -
20 21 LMP2 ドラゴン・スピード - 10スター ヘンリク・ヘドマン 3:34.046 +15.253
オレカ 07 - ギブソン ベン・ハンリー - -
フェリックス・ローゼンクヴィスト - -
21 32 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツ ウィリアム・オーウェン 3:34.166 +15.373
リジェ JSP217 - ギブソン フーゴ・ド=サーデレール - -
フィリップ・アルバカーキ - -
22 27 LMP2 SMP レーシング ミカエル・アレシン 3:34.407 +15.614
ダラーラ P217 - ギブソン セルゲイ・シロトキン - -
ヴィクトール・シェイタル - -
23 47 LMP2 チェティラー・ヴィッロルヴァ・コルセ ロベルト・ラコート 3:34.846 +16.053
ダラーラ P217 - ギブソン ジョルジオ・セルナジョット - -
アンドレア・ベリッチ - -
24 23 LMP2 パニス バルテズ コンペティション ファビアン・バルテズ 3:35.559 +16.766
リジェ JSP217 - ギブソン ティモシー・ビュレット - -
ナタナエル・バートン - -
25 49 LMP2 ARCブラチスラヴァ ミロスラヴ・コノプカ 3:37.226 +18.433
リジェ JSP217 - ギブソン コンスタンティン・カルコ - -
リック・ブロイカーズ - -
26 45 LMP2 アルガルベ・プロ・レーシング マーク・パターソン 3:37.814 +19.021
リジェ JSP217 - ギブソン マット・マクマリー - -
ヴィンセント・キャピレー - -
27 17 LMP2 IDECスポーツ・レーシング パトリス・ラファーギュ 3:40.162 +21.369
リジェ JSP217 - ギブソン ポール・ラファーギュ - -
デヴィッド・ゾリンガー - -
28 43 LMP2 キーティング・モータースポーツ ベン・キーティング 3:40.813 +22.020
ライリー MK30 - ギブソン イエルーン・ブリークモレン - -
リッキー・テイラー - -
29 37 LMP2 ジャッキー・チェンDCレーシング デビッド・チェン 3:41.393 +22.600
オレカ 07 - ギブソン トリスタン・ゴメンディ - -
アレックス・ブランドル - -
30 34 LMP2 トックウィズ・モータースポーツ ナイジェル・ムーア 3:41.628 +22.835
リジェ JSP217 - ギブソン フィリプ・ハンソン - -
カルン・チャンドック - -
31 33 LMP2 ユーラシア・モータースポーツ ジャック・ニコレ 3:42.660 +23.867
リジェ JSP217 - ギブソン ピエール・ニコレ - -
エリック・マリス - -

【動画】ルマン24時間レース2017 予選1回目ハイライト


(映像:FIA WEC YouTube公式アカウント)

【スポンサーリンク】




【動画】ルマン24時間レース2017 予選1回目ハイライト


(映像:TOYOTA GAZOO Racing YouTube公式アカウント)

【動画】ルマン24時間レース2017 予選1回目ハイライト


(映像:Autosport YouTube公式アカウント)

予選1回目 回顧

現地時間22時開始予定から20分遅れてセッション開始となった予選1回目。

終了時刻は変わらず、そのままセッションが20分短縮されるため、各車一斉にコースイン。

トラフィックの中、最初にポルシェ919ハイブリッド2号車が、3分19秒710マークしトップタイムを計測。

直後に中嶋一貴がドライブするトヨタTS050ハイブリッド8号車が3分19秒744で2番手タイム!3番手にはニコラ・ラピエールのトヨタ9号車。

セッション開始20分、小林可夢偉ドライブのトヨタ7号車が3分18秒793のタイムを叩き出しトップに!

中嶋一貴の7号車も3分19秒431で2番手に浮上!

この後は、コース上のアクシデントのため、今季ルール改正されたスローゾーンが発生するなどし、しばらくタイムが動かない時間帯が続く。

スローゾーンに加え、元々セッション時間が少なかったこともあり、断続的にトラフィックが発生し、このままタイムが伸びないまま予選1回目のセッション終了。

予選1回目の暫定ポールポジションは、小林可夢偉が出した3分18秒793がそのままトップタイムとなり、トヨタ8号車が獲得!

暫定2番手は、これも中嶋一貴がマークしたタイム、3分19秒431のトヨタ7号車。

そして、3番手には最初のトップタイムとなった3分19秒710のままセッション終了となったポルシェ2号車。

続いて、4番手にトヨタ9号車、5番手、ポルシェ1号車。

テストデーでは、トヨタが驚異的な速さを魅せトップ3を独占するも、予選1回目ではポルシェが意地を見せる形となりました!

トヨタ勢は、総じてポルシェがテストデーより速くなっていると感じている模様。

スタートグリッドは3回の予選のそれぞれのベストタイムで決まり、予選1回目はなかなか全開で走る機会が少なかったため、まだまだ順位の変動はありそうです!

ルマン24時間レース2017 予選2・3回目 小林可夢偉がコースレコード更新のPP!中嶋一貴とフロントロウ独占!

www.idayu.jp



【スポンサーリンク】



関連記事

ルマン24時間レース2017 TV放送・ネット中継・タイムスケジュール・各日結果速報・総合ページ!

www.idayu.jp

佐藤琢磨インディ500マイル日本人選手初優勝の快挙達成!

www.idayu.jp

佐藤琢磨インディ500マイル日本人選手初優勝 特番放送情報!

www.idayu.jp

ルマン24時間レース2016速報動画総合記事

www.idayu.jp



※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


モータースポーツ ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。