[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【MLB】田中将大 復帰に疑問を呈す

田中将大、このあと日本時間2時5分から、実に2ヶ月半ぶりの登板だ。

 

しかし、本当に投げてしまっていいのか!?

 

少し話を前に戻すと、彼が肘の違和感を訴えたのは7月8日の

インディアンス戦だったが、私が見る限り(記憶が曖昧で申し訳ないが)

その前の試合で2試合前の時点で、ストレートのキレがそれまでと

全く違い、これは肘か肩でもやったかな?と思わせる状態だった。

 

実際には、インディアンス戦の後、違和感を訴え、

診断は「右肘靱帯部分断裂」という重傷だった。

 

ヤンキースお抱えの3人の医師の見解は

「手術回避」(いわゆるトミー・ジョン手術)で

自己血注射の「再生治療」という方針になった。

 

しかし、この治療法では部分断裂が完全に戻る訳ではない。

 

今後も痛みの再発、また投げられなくなるかもしれないと言った

不安は常に付きまとう。

 

彼はリハビリ中に、肘に負担の少ないフォームに修正を図った様だが、

それが今日を含めた今後の試合でどこまで通用するか?

当然、こればかりは、ブルペンでは良くても、実際のゲームで、

打者相手に投げてみないと分からない。

 

トミー・ジョン手術を受けると、復帰まで短くても1年は掛かる。

 

これは、チームにとっても本人にとっても厳しい選択かもしれない。

 

現状、断裂部分は小さいそうだが、最悪の場合完全に投げられなくなる

断裂を起こすこともあり得る。

 

ただ、トミー・ジョン手術の高い成功率と、手術を受けた後、

球速が上がることもあるということも考慮すると、

不安を抱えたまま投げ続けるよりは、早く手術を受けた方が

いいのではないかというのが私の考えだ。

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。