[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 優勝!!プレーオフ制す! 「ウェイストマネジメントフェニックスオープン2016」最終日

最終更新:2017年2月6日
PGAツアー「ウェイストマネジメントフェニックスオープン2016」最終日、松山英樹は通算2勝目となる優勝を達成!日本人では丸山茂樹氏以来2人目のPGAツアー複数優勝となった。

松山とファウラーはビッグ4、ビッグ5候補、次世代を担う人材と高く評価されている2人。最終組で共にラウンドし、18番最終ホール終了も通算14アンダーで並び、プレーオフへ!

互いに譲らず、熾烈な我慢比べの様相を呈し、迎えたプレーオフ4ホール目、ファウラーは池ポチャでボギー、松山はパーで、大会コースのスコッツデールの勝利の女神は松山英樹に微笑んだ!

※松山英樹 2017年フェニックスオープン大逆転連覇!の模様はこちら!
www.idayu.jp

【スポンサーリンク】







最終日、第4ラウンド、松山英樹のツアー2勝目を懸けた闘いは、普段は仲の良い3人組のダニー・リー、リッキー・ファウラーとのペアリングで、現地10時50分OUTからスタートした!


1番408YPAR4

265Yのティーショットは、フェアウェイ左サイドへ。残り150Y。
セカンドはピン奥残り4.6mに着ける。
微妙な距離のパットだが、見事に沈め、いきなりのバーディースタート!

幸先良いバーディー発進で、トータル11アンダー。首位、ダニー・リーと2打差の単独2位へ!

松山 1番 ラインを読み切り、バーディー発進!


(映像:PGA公式HP)

2番442YPAR4

264Yティーショットは、左のラフへ。残り186Y。
セカンドは2オンも、ピン手前残り15mとかなりの距離を残す。
長い距離のパットは、カップ手前1mまで寄せ、ここはパー。

ここで同組で首位ダニー・リーはボギーとし、1打差となる!

3番558YPAR5

ティーショットは294Yの飛距離で、フェアウェイ右サイドへ。残り263Y。
セカンドはグリーン左へ外れ、ネイティブエリアへ。残り18.7Y。
3打目はグリーンに乗らず、手前ラフ。残り7.6m。
4打目アプローチは、あと僅かでチップインの惜しいショットで、パーセーブ。

ここでダニー・リーはボギー、ファウラーがバーディー、1組前のモルダーも追い付き、松山は4人が並ぶ首位タイに!

4番183YPAR3

ティーショットは、グリーンをオーバーしエッジ付近へ。残り9m。
2打目はカップ80cm程まで着け、パーセーブ。

5番470YPAR4

310Yのドライビングは、フェアウェイ右サイドへ。残り168Y。
セカンドは、ピン手前11mに着ける。
長い距離のパッティングは、カップ手前1.4mまで寄せ、ここもパー。

7位Tからスタートしたハリス・イングリッシュが猛チャージを掛け、ここで5人が首位タイに並ぶ大混戦!

6番432YPAR4

293Yのティーショットは、フェアウェイ右サイドへ。残り146Y。
セカンドはピン右残り4.8mに着ける絶妙なショット!
このバーディーパットは僅かに外してしまい、パー。

最終組の3人には痺れる膠着状態が続く。

7番215YPAR3

ティーショットは1オンも、ピン左14.7mに着け、距離を残す。
長いパットはタッチが合い、約60cmまで寄せ、パー。

ここで、リーがボギー、モルダーも1打落とし、首位は3人に!

8番475YPAR4

304Yティーショットは、フェアウェイ左サイドへ。残り173Y。
セカンドはピン左4.7mに着ける巧みなショット!
しかし、ここも微妙な距離のバーディーパットを僅かに外し、パー。

9番453YPAR4

前半上がり。気合いの315Yドライビングは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り144Y。
セカンドはピン右奥6mに着ける。
長めのバーディーパットは、ここも僅かに外れ、パー。

前半は1バーディー、ノーボギー。トータル11アンダー、首位Tのままハーフターンとなった。


前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160208052533p:plain

前半のフェアウェイキープ率は85.71% (6/7)でティーショットは、一番良い状態。

パーオン率は77.78% (7/9)と高い数値だが、アイアンショットが寄せ切れておらず、我慢のゴルフ。

ここまでファウラーも1バーディーで、優勝争い独特の重苦しい展開だ。

最終日バックナインは1つのミスが命取りに、そしてチャンスを必ずモノにする精神力勝負。

スコアが伸びてこないだけに、早めに引き離して、流れを掴みたい!

【スポンサーリンク】


10番428YPAR4

300Yのドライビングは、フェアウェイ右サイドへ。残り131Y。
セカンドショットは、ピン右3.6mに着ける絶妙なショットでバーディーチャンス!
下りのバーディーパットは僅かに外してしまい、非常に悔しいパー。

ここでグリーン奥ラフに打ち込んだファウラーが、チップインバーディーを決め、通算12アンダーで単独首位!

ダニー・リーもバーディーを決め、松山と並び2位Tに。

11番472YPAR4

難易度4位ホール

ファウラー、ダニーにはいい流れ。松山はチャンスを逸した嫌な流れを変えたい!

300Yティーショットは、左サイドファーストカットへ。残り189Y。
セカンドは2オンも、ピン手前20mの距離を残す。
長い長い3打目は、カップ手前2.6mを残すが、何とかパーセーブ。

12番182YPAR3

ティーショットはピン奥、5.8mに1オン。
微妙な距離のバーディーパットはカップを1mオーバー。
返しのパットは沈め、パー。

ここでイングリッシュが首位Tに並び、松山は単独3位に。ダニー・リーがボギーで4位へ。

13番558YPAR5

難易度18位。ここは絶対に獲りたいホール!

308Yのドライビングは、左サイドセミラフへ。残り250Y。
セカンドショットは、グリーンには届かず、手前花道へ。残り20m。
3打目アプローチは、手前から転がしピン奥2.6mに着ける。
このパットは沈め、待望のバーディー奪取!

我慢に我慢を重ね、今日2個目のバーディーで、トータル12アンダー!

このホールでファウラーもバーディーで、13アンダーに伸ばしたため、松山はイングリッシュと並び2位T。

14番490YPAR4

距離もあり難しいミドルホールだが、流れに乗りたい!

309Yティーショットは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り159Y。
セカンドはピン奥9mに着ける。
長いバーディーパットは、僅か50cm外れ、パー。


15番553YPAR5

名物ホール目前でここは拾いたい!

309Yのドライビングは、右ラフへ。残り259Y。
セカンドショットは、引っ掛かり気味で左方向へショートし、2オンならず。残り22m。
バンカー越えの3打目アプローチは、ピン奥へ。残り3.4m。
先にファウラーがバーディーを獲り、絶対に入れたいパットだが、外れてパー。

ファウラーは、通算14アンダーとし、松山は12アンダーで、2打差を追う展開!

16番163YPAR3

名物MLB風スタンド付ホール!

ティーショットはインパクト直前にギャラリーが声を発してしまい、松山のスイングが緩むが、ピン右4.4mに着ける。
微妙な距離のバーディーパットは、僅かにカップの横を過ぎ、タップインパー。

17番332YPAR4

1オン可能なPAR4

ティーショットは1オン狙いも、グリーンに届かず花道へ。残り15.5m。
松山は2打目をウェッジで狙い、カップ横80cmまで寄せる。

このバーディーパットを沈め、このホールトラブルで、ボギーとしたファウラーと通算13アンダー、首位Tで並んだ!

松山 17番 見事な寄せからバーディー奪取!


(映像:PGA公式HP)

18番442YPAR4

最終組の松山とファウラー。同スコア、首位タイで迎える最終ホール!

渾身の327Yのビッグドライブは、フェアウェイほぼ真ん中へ。残り106Y。
セカンドはピン右奥へ、デッドに落とすもスピンは掛からず。残り5.4m。

ファウラーのセカンドは、松山よりもカップに近く3mまで寄せてきた。

松山には大きなプレッシャーが掛かる、難しい下りのパットを見事に沈め、バーディー奪取!先に14アンダーとする。

今度は外せば、松山の優勝のプレッシャーの中、ファウラーはしっかりとバーディーパットを沈め、14アンダーで、決着はプレーオフへ!

18番 絶対に外せないプレッシャーの中、バーディーパットを沈める松山英樹


(映像:PGA公式HP)

ここまで最終日18ホールを終えた成績は、4バーディー、ノーボギー「67」(PAR71)トータル14アンダーでフィニッシュ。


後半 スコアカード

f:id:h-idayu:20160208081445p:plain

プレーオフ

プレーオフはまず18番を2回ラウンド。そこでも決着がつかなければ10番をラウンドする。

1ホール目 18番PAR4

ファウラー、松山ともフェアウェイをキープ。

松山、残り100Y付近からのセカンドはグリーンオン!

ファウラーはグリーン手前に外すが、残り20Yのアプローチを寄せ、パー。

松山、バーディパットはカップ右に僅かに外れ、惜しくもパー。

勝敗付かず、2ホール目へ。

2ホール目 18番PAR4

ティーショット、ファウラーはフェアウェイ右サイドへ。松山はフェアウェイ真ん中へ。

松山のセカンドはピン3mに着けチャンス!

ファウラーのセカンドもほぼ同じ位置へ。

ファウラーが先にバーディ奪取。

プレッシャーの懸かる松山もバーディーパットを決め返す!

18番では勝敗つかず、プレーオフ3ホール目、10番へ!

松山 バーディーパットを入れ返し、3ホール目へ!


(映像:PGA公式HP)

3ホール目 10番PAR4

ファウラーのティーショットは、左へ大きく曲げ、ラフへ。セカンドはグリーンオーバーでラフへ。

松山はフェアウェイキープし、セカンドを打つも、松山はグリーン奥へ。残り8m。

ファウラー3打目アプローチは、ショートし、距離を残す。

松山の長いバーディーパットは、ラインを読み切るも、僅かに外れる。

ファウラーは微妙な距離のパーパットだが、見事沈める。

松山も重圧の懸かる中、パーパットを沈め、決着付かず。

次は1オン可能な17番PAR4へ。

4ホール目 17番PAR4

ファウラーのティーショットは、左へ大きく曲げてしまい、池へ入れてしまい、ウォーターハザード。

松山のティーショットは、途中で手を離すも、グリーン手前花道へ。

ファウラーはペナルティで、3打目でピン手前へオン。しかしファウラーはパーパットを外し、ボギー。

松山は、残り約3mまで寄せ、このバーディーパットは外してしまうも、パーパットを決め、待ちに待った念願のPGAツアー2勝目を挙げた!

松山英樹 プレーオフ制し「優勝」の瞬間!!


(映像:PGA公式HP)

プレーオフ スコアカード

f:id:h-idayu:20160208091400p:plain

松山英樹 最終日・第4ラウンド 全ラウンドスタッツ

初日 2日目 3日目 最終日 トータル 順位
フェアウェイキープ率 57.14% (8/14) 50.00% (7/14) 42.86% (6/14) 71.43%(10/14) 55.36%(31/56) 44位T
パーオン率 77.78% (14/18) 55.56% (10/18) 88.89% (16/18) 88.89% (16/18) 77.78% (56/72) 1位
ドライビングディスタンス 293.8 290.4 290.5 71.43%(10/14) 55.36%(31/56) 44位T
サンドセーブ率 100.00% (1/1) 50.00% (2/4) - - 60.00% (3/5) 21位T
STROKES GAINED TEE TO GREEN 3.213 0.967 4.936 3.143 12.259 1位
STROKES GAINED PUTTING 2.634 0.498 -1.922 0.437 1.647 29位
PUTTS PER GIR 1.500 1.600 2.063 1.750 1.750 32位T

※STROKES GAINED TEE TO GREEN=スコアに対するショットの貢献度を表す数値

※STROKES GAINED PUTTING=スコアに対するパッティングの貢献度を表す数値

※PUTTS PER GIR=パーオンした場合の平均パット数

(プレーオフの激闘を終え、互いを称え合う、松山とファウラー)

ゐ太夫の寸評

やはり、松山英樹は大会コース「スコッツデール」に愛される男だった。

1番でバーディーを獲って以来、後半12番までチャンスを逃す場面もあり、停滞ムードとなり、我慢のゴルフを強いられる。

後半10番では、最終組同組のファウラー、ダニー・リーよりもチャンスに着ける素晴らしいショットを魅せるも、バーディーを獲れず。

ここまで、ファウラーも停滞ムードだったが、逆に10番でバーディーを獲り、流れは完全にファウラーに方に傾いた。

勢い付いたファウラーは、それ以降バーディーを重ね、15番で2打差に開き、万事休すと思われたが、ファウラーは17番ティーショットで池に入れ、ボギー。

逆に松山は17番をバーディーとし、ここで13アンダーでトップタイに並んだ。

今日の松山は、ティーショットはかなり良くなったものの、アイアンショットとパッティングの精度がイマイチで、優勝は難しいかと思われた。

しかし、終盤のここぞという時に一気に流れを引き寄せ、強烈なプレッシャーが懸かる場面、特にプレーオフに入ってからのパッティングの集中力は凄まじささえ感じた。

ここまで、2014年4位→2015年2位と抜群の相性を誇ってきた「フェニックスオープン」で、悲願の優勝。

そして、丸山茂樹氏以来2人目のPGAツアー複数優勝を果たした。

次は、いよいよ、日本人選手は誰も成し遂げたことのない、メジャー制覇が当面の目標になる。

昨年、5位のマスターズは、特に期待の持てる大会だ。

今季早い内に、優勝を果たしたことによって、来季シードは確定し、レギュラーツアーも有利に戦うことが出来る。

おそらく今季は、レギュラーツアーで、もう1つは勝てると見ている。年間複数優勝はこれも日本人初になる。

稀代のショットメーカー松山は、今回の優勝によって、一段も二段もレベルアップをしたはずだ。

日本よりもアメリカでの評価が高い松山英樹が、今回の優勝で、改めて国内でも松山の凄さを理解してくれる人が増えてくれれば、松山を追い続けてきた筆者としてもうれしい限りだ。


※松山英樹「フェニックスオープン」優勝関連番組

ゴルフネットワーク

放送日程 番組内容
2月9日(火)午後10:00-10:15 松山英樹 プレーハイライト 
2月9日(火)午後11:30-深夜0:00 松山英樹 優勝記者会見
2月10日(水)午前9:30-10:30 フェニックスオープン最終日ダイジェスト

NHK-BS1

放送日程 番組内容
2月11日(木)午前7:00-午前8:50 フェニックスオープン最終日 再放送
2月12日(金)午後7:00-午後7:50 松山英樹・石川遼 世界最高峰に挑んだ1年~2015アメリカPGAツアー

※番組は変更になる場合があります。必ず最新の番組表をご参照ください。


松山英樹 最新情報・プロフィール・各大会速報等、まとめトップページ
h-idayu.hateblo.jp

松山英樹 最新優勝セッティング スイング動画
h-idayu.hateblo.jp

(松山英樹 世界ランキング自己最高位更新の12位!)
http://www.idayu.jp/entry/goif/matsuyama/pga/ranking/owgr-fedex-week6-16www.idayu.jp

(松山英樹 優勝記者会見 ダイジェスト映像 順位等の記事はこちら)
www.idayu.jp

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp

(松山英樹出場予定 ザ・ホンダクラシック2016 概要、放送予定、組合せ、速報、戦績)
www.idayu.jp


(関連記事)
http://www.idayujp/entry/golf/matsuyama/pga/phoenix-open-2016/rd2-reviewwww.idayujp
www.idayu.jp
www.idayu.jp
www.idayu.jp

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR ゴルフボール 1ダース  ホワイト

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z-STAR ゴルフボール 1ダース ホワイト

(石川遼 出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。