[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「アイルランドオープン2017」 初日 後半バーディラッシュで「67」!通算-5!9位T絶好スタート!⛳

更新:2017年7月9日
松山英樹「アイリッシュ(アイルランド)オープン2017」の初日・1Rは、6バーディ、1ボギーの「67」通算5アンダー、首位と3打差の9位Tでホールアウトしています!

全英オープンへ向けての大事な前哨戦。欧州ツアー初出場。世界ランク2位として初めて臨む大会。全米オープン最終日の復活はホンモノだったのか?等々、様々な注目が集まった初日の松山。

前半こそティーショットの精度に苦しむものの、ピンチからバーディを奪取する等、世界ランク2位の実力を魅せつけ、後半に入るとチャージを掛け、4つのバーディを重ねスコアを伸ばし、9位Tと絶好の位置で早くも上位争いを繰り広げる展開となっています!

【スポンサーリンク】





午前中から比較的穏やかな天候のポートスチュワートGC。

リンクスらしからぬコンディションで、午前スタート組はスコアを伸ばす中、松山英樹、ロリー・マキロイ、ジョン・ラームの超目玉組は、現地時間13時20分にスタートした!

前半 OUT

🚩1H 427Y Par4

ティーショットは、左へ曲げ、ローピングの外のラフへ。
このトラブルショットが響き、出だしいきなりのボギー発進としてしまう。

🚩2H 366Y Par4

左サイドファーストカットからのセカンドは、ピン右手前約6mに着ける。
長めのバーディパットは僅かに外れ、タップインパー。

🚩3H 218Y Par3

3番に入り、突然の雨。

ティーショットは、ピン左手前約7mに1オン。
距離感抜群のバーディパットは僅かに外れ、タップインパー。

🚩4H 538Y Par5

ちょうど4番のティーグラウンドに入った辺りで、雨は止む。

329YのビッグドライブはFWセンターへ。残り259Y。
セカンドはミスショットとなり、右サイドのラフへ。
3打目アプローチはピン手前2mに着けるナイスリカバリー!
松山、これを沈め、今日初バーディ奪取!

ピンチから一転、バーディ奪取で、イーブンパーに戻す。

🚩5H 461Y Par4

ティーショットは引っ掛け気味で、左サイドの深いラフへ。
ボールが見えない程のライからのセカンドは、ピン左1.2mに着けるスーパーショット!
松山、ここもしっかり沈め、素晴らしい連続バーディ奪取!

2ホール連続でピンチからバーディを奪取する価値あるバーディで、1アンダー!

🚩6H 143Y Par3

ティーショットはグリーン手前側に乗るもスピンバックでこぼれ、グリーン右ポットバンカーへ。
残り約20Yのセカンドバンカーショットは、ピンそば80cmにピタッと止める絶妙なリカバリー!
ここもしっかり沈め、ナイスパーセーブ!

🚩7H 516Y Par5

ティーショットは再び引っ掛かり、左ラフへ。
セカンドは前進するもFWに出せず、再び左サイド斜面のラフへ。
つま先下がりの3打目アプローチは、ピン右に3オンも距離を残す。
ここは2パットを要し、パーセーブ!

🚩8H 445Y Par4

FWセンターから残り139Yのセカンドは、ピンハイ左1mに着ける絶妙なショット!
短いバーディパットは左へ引っ掛け気味となり、ここはパー。

🚩9H 378Y Par4

FW右サイドからのセカンドは、ピン手前3mに着ける!
微妙な距離のバーディパットは僅かにカップをオーバーし、パー。

前半スコア

前半は、2バーディ、1ボギーの「35」 1アンダー、69位Tでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20170707015020p:plain


【スポンサーリンク】


後半IN

🚩10H 407Y Par4

FW右サイドから残り141Yのセカンドは、ピン手前3mに着ける絶妙なショット!
松山、このパットをしっかり沈め、後半初バーディ奪取!

【動画】10番 松山、マキロイ、ラーム、3人のティーショット




(映像リンク:EuropeanTour Twitter公式アカウント)

🚩11H 407Y Par4

FWセンターからのセカンドは、ピンそば1mに着けるスーパーショット!
松山、ここもしっかり沈め、連続バーディ奪取!

この連続バーディで、通算3アンダー、25位Tグループへ!

🚩12H 167Y Par3

ティーショットは1オンもピンまでかなりの距離を残し、1オン2パットのパー。

🚩13H 555Y Par5

FWセンターからのセカンドは僅かにショートし、グリーン手前のバンカーへ。
3打目バンカーショットは、ピン奥3mに着ける。
この微妙な距離のパットを見事に沈め、バーディ奪取!

後半に入り、勢いが出て来た感のあるバーディで、通算4アンダー、16位Tグループまで順位を上げてきた!

🚩14H 493Y Par5

FW左サイドのバンカーからのセカンドはFWへレイアップ。
3打目アプローチは、3オンも寄せきれず、2パットのパー。

🚩15H 168Y Par3

ティーショットはピン左4mに1オン。
微妙な距離のバーディパットは惜しくも外れ、パー。

🚩16H 418Y Par4

FW左サイドからのセカンドはピン左手前4.5mに着ける。
ここも微妙な距離のバーディパットを僅かに外し、パー。

🚩17H 436Y Par4

セカンドショットはピン2.5mに着ける絶妙なショット!
ここは打ち切れず、タップインパー。

🚩18H 461Y Par4

ティーショットは片手を離すも、FWセンターへ。
セカンドショットはピン左1.5mに着ける素晴らしいショット!
このパットはしっかり沈め、バーディ締め!

【動画】18番 松山 見事なショットでバーディフィニッシュ!




(映像リンク:EuropeanTour Twitter公式アカウント)

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20170707020259p:plain

初日のスコア

1日目・1Rの松山は、6バーディ、1ボギーの「67」通算5アンダー、首位と3打差の9位Tでホールアウトした!


【スポンサーリンク】


ゐ太夫の戦評

「全米オープン」最終日での怒濤のチャージで2位Tに入ったものの、それまでのスランプを考えると、復活はホンモノだったのか?

世界ランクも堂々の2位となるも、一抹の不安を感じていました。

今回、今季メジャー3戦目「全英オープン」で必勝体制をとるため、本番2週前の「アイリッシュオープン」を前哨戦と位置付けた松山。

ここで再び調子を落とすと「全英オープン」にまで響くだけに、好スタートを切りたい初日。

前半は、ティーショットの引っ掛けが目立ち、いきなりのボギースタート。

しかし、4番5番といずれもトラブルから連続バーディとする、まさに世界ランク2位の技とメンタリティーを魅せてくれました。

また、一時期の課題のひとつでもあったショートゲームの巧さも光りました。

ハーフターン後は、ショットの精度がより上がり、何度もチャンスに着け、スコアを伸ばし続ける理想的な展開。

北アイルランドのリンクスコースで、珍しく穏やかな天候であったことを考慮しても、先行きの明るい滑りだしと言えます。

世界ランク2位の松山がPGAツアーではなくヨーロピアンツアーに参戦したこともあり、今週は「アイリッシュオープン」の方が世界ランクポイントが高くなっています。

今大会で「優勝」を果たし、そのままの調子で「全英オープン」メジャー初制覇、早い段階での世界ランク1位へ!と大きな期待を抱かせる内容の濃いゴルフを魅せてくれました!


【動画】アイリッシュオープン 初日 ベストプレーTOP5!

Five of the Best - DDF Irish Open (Day One)

(映像リンク:EuropeanTour公式HP)

松山英樹・ゴルフ関連記事

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!)
www.idayu.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。