[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「BMW選手権2017」初日 ショット、パット不調で「72」通算+1!56位T出遅れ発進!

更新:2017年9月16日
PGAプレーオフシリーズ第3戦「BMWチャンピオンシップ2017」松山英樹は1日目・1Rを、2バーディ3ボギーの「72」(Par71)通算1オーバー、56位Tでホールアウトしています!⛳

30名に絞られる最終戦「ツアー選手権」の出場権は既に確保している松山。しかし自力で「年間王者」を獲得するためには、今大会終了時のFedExランクで5位以内に入っておく必要があり、そのためにも重要な初日のラウンドとなりました!

【スポンサーリンク】




Embed from Getty Images


今大会も前回に引き続き初日、2日目はリッキー・ファウラー、ジョン・ラームとのペアリング。

初日は現地時間、12時50分にスタートした!

前半 OUT

🚩1H 360Y Par4

ティーショットは、グリーン手前花道まで運ぶ320Yロングドライブ!残り37Y。
セカンドアプローチは、僅かにグリーン奥にこぼれラフへ。残り6Y。
3打目は僅かにカップを外れ、パー発進。

🚩2H 196Y Par3

ティーショットは、ピン手前3mに着ける絶妙なショット
しかしバーディパットは、ラインから外れ、パー。

🚩3H 402Y Par4

ティーショットは大きく左に曲げ、ネイティブエリアへ。
残り158Yのセカンドは、グリーン右のラフ。
20Yの3打目アプローチは、難しいラインで寄せきれず、カップまで3.5mを残す。
パーパットは僅かに外れ、ボギーとしてしまう。

🚩4H 505Y Par4

左ラフから残り195Yのセカンドは、ピン右手前13mに2オン!
長い長いバーディパットはカップを1mオーバーし、パー。

🚩5H 469Y Par4

FW右サイドからのセカンドは、ピン左奥6.3mに2オン!
微妙な距離のバーディパットは僅かに外れ、パー。

🚩6H 217Y Par3

ティーショットはグリーン左のバンカーへ。残り20Y。
セカンドバンカーショットはランが出過ぎ、ピン奥5m。
このパーパットは1m程オーバーし、ボギー。

🚩7H 352Y Par4

326Yビッグドライブは、右ラフへ。残り25Y。
セカンドアプローチは、ピン奥4.2mに着ける巧みなショット!
微妙な距離のバーディパットは、1mオーバーし、パー。

🚩8H 600Y Par5

322Yのドライビングは、FWセンターへ。残り238Y。
セカンドはピン奥13mに2オン!
長いイーグルパットは、惜しいパットとなるも、ここで待望の初バーディ奪取!

🚩9H 405Y Par4

右ラフから残り81Yのセカンドはグリーン奥ラフへ。
残り7Yの3打目は、ほんの僅か外れ、パー。

前半スコア

前半は、1バーディ、2ボギーの「36」1オーバーでハーフターン!

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20170915081642p:plain
※DA:フェアウェイキープ率 GIR:パーオン率


【スポンサーリンク】



後半 IN

🚩10H 458Y Par4

FW右サイドのバンカーから、残り165Yのセカンドは、グリーン奥のエッジとラフの境へ。残り7Y。
パターで狙った3打目は、手前で微妙に跳ね惜しくも外れ、パー。

🚩11H 170Y Par3

ティーショットは、ピン右手前6.5mに1オン!
長めのバーディパットは、カップ1mオーバーするが、返しを沈めパーセーブ!

🚩12H 419Y Par4

右サイドファーストカットから、残り156Yのセカンドはピンハイ右8.7mに2オン。
長い上りのバーディパットは、タッチは合うも僅かにカップ横を外れ、パー。

🚩13H 463Y Par4

322YのティーショットはFW右サイドへ。残り141Y。
セカンドはピン奥5.7mに2オン!
微妙な距離のバーディパットは、カップに蹴られ、パー。

🚩14H 585Y Par5

FW右サイドから、残り245Yのセカンドは僅かにグリーン奥ファーストカット付近へ。
残り20Yの3打目はピン右2mに着ける。
しかしこのバーディパットはカップに蹴られ、パー。

🚩15H 334Y Par4

ティーショットは1オン出来ず、手前のポットバンカーへ。
セカンドバンカーショットは、ピン奥4mと寄せきれず、松山はウェッジを叩付け悔しがる。
次のバーディパットは、カップを1mオーバーし、返しのパーパットも外してしまい、ここで痛恨のボギー。

🚩16H 465Y Par4

右ラフからのセカンドはグリーン左FW、残り23Y付近へ。
3打目アプローチは、あと僅かでチップインの惜しいショットで、パー。

🚩17H 223Y Par3

ティーショットはピン右手前6.8mに1オン。
長めのバーディパットは、僅かに外れ、パー。

🚩18H 585Y Par5

FW右サイドから残り293Yのセカンドは、グリーン手前右サイドのラフへ。残り36Y。
アンプレヤブルドロップ後の3打目アプローチは、ピン手前2.7mに着ける!
松山、ここはしっかり沈め、上がりホールでバーディ締め!

【動画】18番 松山 見事なアプローチからバーディ締め!

【動画】松山英樹、グリーン右のラフからナイスアプローチでバーディ奪取! | PGAツアー | ニュース・コラム・お知らせ | ゴルフネットワーク

(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20170915081707p:plain
※DA:フェアウェイキープ率 GIR:パーオン率

1日目のスコア

1日目・1Rの松山は、2バーディ3ボギーの「72」(Par71)通算1オーバー、56位Tでホールアウトした!


【スポンサーリンク】


ゐ太夫の戦評

やはり戦前の予想通り、バーディ合戦となったコンウェイファームズでの大会初日。

松山は前半からそのペースになかなか乗れず、スコアを伸ばせない苦しい展開が続きました。

ティーショットの方向性、アイアンショットの距離感、グリーン廻りとショット系が軒並み低調。そしてパッティングも不調。

前半は3番、6番でボギーを叩くと8番でようやく初バーディ。

中盤に入り、徐々にショットが安定したきたものの、チャンスパットを外すシーンも何度か見られる等、なかなか上手く噛み合わず。

15番ではバンカーショットに納得が行かず、セルヒオ・ガルシアばりにクラブを叩きつけ、悔しさを爆発させるシーンもありました。

スコアに対する貢献度の各スタッツは、ティーショットの貢献度のSG:OFF-THE-TEE以外はすべてマイナス。

特にパッティングの貢献度のSG: PUTTINGは-2.930は、出場69人中68位とかなり悪く、ショートゲーム全体に課題を残しました。

最終戦「ツアー選手権」の出場資格30人の枠には既に入っているものの、何とか今大会では上位・優勝争いをするためにも、早い復調が待たれます!


松山英樹・ゴルフ関連記事

(松山英樹 今後の出場予定・スケジュール)

www.idayu.jp

(PGAツアー新シーズン2016-2017 大会日程・スケジュール・カレンダー)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新世界ランキング・賞金・FedExランク・プロフィール等)
www.idayu.jp
(石川遼 今後の出場予定・スケジュール)
www.idayu.jp
(松山英樹 最新クラブセッティング スイング動画 ヘッドスピード・飛距離!)
www.idayu.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。