[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹 ショット絶不調もパットが決まり14位Tに踏み止まる!「BMW選手権2016」2日目

最終更新:2016年9月11日
プレーオフシリーズ第3戦「BMWチャンピオンシップ2016」2日目・第1ラウンド未消化分と第2ラウンドの松山英樹の模様をご紹介!

初日の日没サスペンデッドのため、1Rの未消化分と2Rの合計24ホールとラウンドすることになる2日目。ちなみに1Rの合計成績は5バーディ、1ボギーの「68」通算5アンダーの5位T!背中の張りは不安材料だが、初日のゴルフの内容で2Rもスコアを伸ばすことが期待された。

しかし、2日目は特に2Rに入り、極端にショットの精度が落ちチャンスに着けられない展開が続いたが、微妙な距離のパットが決まり、3バーディ、2ボギーの「71」通算5アンダー、14位Tでホールアウトした!

【スポンサーリンク】


まずは初日に日没サスペンデッドで12番までとなった第1ラウンド未消化分を8:00から再開。

初日のプレー詳細記事

www.idayu.jp


13番はパーとするも、14番はティーショットを右ラフに打ち込みボギー。

15番はグリーン手前ラフからの難しいショットを巧くピンに寄せ、バウンスバックバーディ奪取!

16番~18番はパーとし、第1ラウンドは1時間半ほどで終了。

第1ラウンド合計は、5バーディ、1ボギーの「68」通算5アンダー、5位Tと上々のスタートとなった!

第1R スコアカード

f:id:h-idayu:20160909082736j:plain
f:id:h-idayu:20160910062311j:plain

【スポンサーリンク】


第2ラウンドは、第1ラウンド終了後約1時間半のインターバルの後、現地10:55からINスタート

10H 445YPar4

FW右サイドから残り181Yのセカンドは、ピン手前5.6mに2オン。
微妙な距離のバーディパットは外し、パー発進。

11H 595YPar5

ティーショットをラフに入れてしまったため、レイアップし、102Yを残した3打目はピン手前5.3mに着ける。
ここも微妙な距離のバーディパットは、僅かに外れ、パー。

12H 424YPar4

右ラフから、残り144Yのセカンドは、グリーン左のラフへ。残り19Y。
3打目アプローチはピン手前4.9mに着けるも、パーパットを外してしまい、ボギー。

13H 194YPar3

ティーショットは1オンも、ピン手前21mと寄せきれず、2パットのパー。

14H 497YPar4

FW右サイドから、残り202Yのセカンドは、ピン左6.2mに2オン。
松山、この微妙な距離のパットを見事に沈め、バーディ奪取!

(動画)嫌な距離のバーディパットを見事にねじ込む松山!


(映像:PGA公式HP)

15番~18番はチャンスに着けることが出来ず、パーが続く。

前半は、1バーディ、1ボギー、通算4アンダー、17位Tでハーフターン。

前半スコアカード

f:id:h-idayu:20160910064122j:plain

【スポンサーリンク】


1H 358YPar4

FW右サイドから、残り122Yのセカンドは、ピン左2.9mに着ける!
微妙な距離のパットとなったが、しっかり沈め、バーディ奪取!

2H 442YPar4

ティーショットはFW左のバンカーへ。残り124Y。
セカンドは、グリーン手前残り15YFWへ。
3打目アプローチは、ピン手前1.5mに着け、パーセーブ!

3H 205YPar3

ティーショットはグリーンを外し、右のラフへ。残り7.5Y。
セカンドアプローチは、ピン奥2.4mに着ける。
しかし、このパーパットを外してしまい、ボギー。

4H 483YPar4

ここはセカンドをグリーン奥のバンカーに入れてしまい、ナイスリカバリーのパーセーブ!

5H 621YPar5

FW右サイドから、残り317Yのセカンドは、グリーン手前右サイドFWへ。残り73Y。
3打目アプローチは、ピン手前6.8mに2オン。
松山、ここも微妙な距離のパットを沈め、バーディ奪取!

第2ラウンドはパットでスコアを稼ぎ、これでトータル5アンダーに!

6番~9番は、ショットでなかなかチャンスに着けられず、パーが続いた。

第2ラウンドの松山は、3バーディ、2ボギーの「71」通算5アンダー、14位Tでホールアウトした!

後半スコアカード

f:id:h-idayu:20160910070320j:plain

ゐ太夫の寸評

1日24ホールをこなした2日目の松山。

セカンドラウンドは、初日と打って変わって、ショットに苦しむ展開となった。

アイアンショットの精度は極端に落ち、アプローチの貢献度(SG: APPROACH TO THE GREEN)は、3.050→-2.216と、マイナスの数値。

パーオン率も77.78% (14/18)→55.56% (10/18)と悪化したが、パーオン出来てもほとんどチャンスに着けられず、ショットの貢献度(SG:TEE TO GREEN)は、2.921→-2.030と、こちらもマイナス圏まで急落した。

ただ、なかなかチャンスに着けられない中、微妙な距離のバーディパットを決め、何とか「71」のアンダーパーで終えられたことは、収穫だ。

パットの貢献度(SG:PUTTING)は1.059の値を出し、ショットが絶不調の中、悪くてもパッティングで「我慢のゴルフ」を展開した。

冒頭で述べた通り、1日で24ホールをラウンドしており、背中の張りへの影響は気になるところだが、3日目ムービングデーでの爆発に期待したい!

(3日目 松山英樹 久しぶりのバーディラッシュ魅せ、通算8アンダーフィニッシュ!)
www.idayu.jp

(BMW選手権2016 TV放送・組合せ・ペアリング・ルール・戦績・概要!)
www.idayu.jp

(松山英樹 今後のスケジュール・出場予定)
www.idayu.jp

(石川遼関連記事)
www.idayu.jp
www.idayu.jp

(松山英樹 各最新ランキング・プロフィール)
www.idayu.jp
(松山英樹 スイング動画 クラブセッティング)
www.idayu.jp

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。