[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「デルテクノロジーズ選手権2018」初日 ショット苦しむもイーブンパー発進!小平は出遅れ89位!⛳

「デルテクノロジーズチャンピオンシップ」1日目・1ラウンド、松山英樹はショットの精度に苦しむも「71」イーブンパー、首位に6差の42位T発進としています!⛳

松山英樹のプレーの模様・スタッツ、小平智、全体ハイライト映像、リーダーボード等をご紹介します!


Embed from Getty Images


初日・1ラウンドの松山英樹

松山英樹 初日 スコアカード

f:id:h-idayu:20180901162909p:plain
f:id:h-idayu:20180901162923p:plain

※上記「DA」はDRIVING ACCURACYの略で、フェアウェイキープ率。
「GIR」は、GREENS IN REGULATIONでパーオン率。

プレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザントラスト」では、調子を上げ15位Tフィニッシュとした松山。

今回も好スタートを切り、波に乗りたい初日は、ラファ・カブレラ・ベロとスコット・ピアシーとのペアリングでINスタート!

猛暑の練習ラウンドから一転、大会初日のTPCボストンは気温が下がり強めの風も吹く中でのプレー。

難しいホールの多い前半のバックナイン!難易度5位の12番Par3では、ピン左手前約5mのバーディパットを沈め、バーディ先行!

幸先良く今日もバーディラッシュか?と思わせた直後の13番~15番のミドルではいずれもフェアウェイを外し、セカンドショットでは縦の距離感が合わずに、3ホールともパーオン出来ず。

しかしここはグリーン廻りからのショートゲームを巧くまとめ、ナイスパーセーブを並べ、見事なスクランブリング!

この辺りでティーショットが左に曲がり、アイアンショットの精度にも不安が出てきていました。

我慢のゴルフで凌いだ後、折り返しの18番Par5はティーショットを大きく左に曲げ、レイアップで3オンも寄せきれず、2パットのパー。

後半2番Par5では、より大きくティーショットを左に曲げ、レイアップで約90Yの池越え3打目も寄せきれず、パーと

難易度14位15位の稼ぎたいPar5でスコアを伸ばせませんでした。

1オン可能な4番354YPar4では、見事ピン手前約6mに1オンさせ、イーグルパットは外すものの、待望のバーディ奪取!

しかし、次の5番ではグリーン手前ライの悪いラフからの3打目が、グリーン逆側にオーバー。

返しの4打目アプローチは、カップ手前約3.3mまで寄せるも、2パットを叩いてしまい、痛恨のダブルボギーとしてしまいます。

6番パーを挟んで7番Par5では、ティーショットを左サイドのバンカーに入れ、残り134YのFWに脱出するも、3打目をショートし3オンならず!

難易度17位のPar5で4オン2パットとこちらも痛恨のボギーとします。

上がりの9番Par4でもティーショットを大きく左へ曲げてしまうも、ピン奥に2オン!

約9mの長いバーディパットを見事に沈め、イーブンパーまで戻し、最低限帳尻は合わせ、3バーディ1ボギー、1ダブルボギーの「71」(Par71)首位に6打差の42位Tで初日をホールアウトしました!

www.idayu.jp





【動画】松山英樹 上がり9番ロングパット沈め明日に繋がるバーディ!


(映像:PGA公式HP)

松山英樹 初日各スタッツ

ROUND 1 RANK
SG:OFF THE TEE 0.288 T44
SG:APPROACH TO THE GREEN 0.260 48
SG:AROUND THE GREEN -1.219 86
SG:PUTTING 0.815 33
SG:TEE TO GREEN -0.671 62
SG:TOTAL 0.144 T42
DRIVING ACCURACY 42.86% (6/14) T88
DRIVING DISTANCE 314 T19
LONGEST DRIVE 322 T102
SAND SAVES -- --
SCRAMBLING 71.43% T33
GREENS IN REGULATION 61.11% (11/18) T38
PUTTS PER GIR 1.818 T61


午後スタート組はより強くなった風に苦しめられたとは言え、ティーショットの安定感を欠き、フェアウェイキープ率42.86% (6/14)ではセカンドショットをいい位置から打てず、伸び悩みの大きな要因となりました。

3つのPar5で、いずれも難易度は低い中、バーディ奪取が出来ず、1つはボギー。

これもロング3ホールすべてでフェアウェイをキープ出来なかったことが要因と言えるでしょう。

しかし、悪いながらも最終9番のロングパットを沈め、イーブンパーに戻しホールアウトする辺りは、松山の調子が戻ってきていることを感じさせます!

ここに来てパッティングの調子を上げており、ショットの微調整が出来れば、午前スタートとなる2日目は、ビッグスコアも期待出来そうです!  

【動画】松山英樹 初日・1R ハイライト映像!

www.golfnetwork.co.jp
(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)





デルテクノロジーズ選手権2018 初日 リーダーボード

順位 通算 プレーヤー R1
1 -6 ジャスティン・ローズ 65
T2 -5 ラッセル・ノックス 66
T2 -5 アブラハム・アンサー 66
T4 -4 クリス・カーク 67
T4 -4 ボウ・ホスラー 67
T4 -4 キーガン・ブラッドリー 67
T4 -4 ゲーリー・ウッドランド 67
T8 -3 アダム・ハドウィン 68
T8 -3 ザンダー・ショフレ 68
T8 -3 マーク・リーシュマン 68
T8 -3 ダスティン・ジョンソン 68
T8 -3 ウェブ・シンプソン 68
T8 -3 ジェームズ・ハーン 68
T8 -3 ラファエル・カブレラ・ベロ 68
T8 -3 ブライアン・ハーマン 68
T16 -2 ジョーダン・スピース 69
T16 -2 ブルックス・ケプカ 69
T42 E ロリー・マキロイ 71
T42 E 松山英樹 71
T57 +1 タイガー・ウッズ 72
T57 +1 バッバ・ワトソン 72
T57 +1 フィル・ミケルソン 72
T70 +2 ジャスティン・トーマス 73
T70 +2 ジョン·ラーム 73
T89 5 ジェイソン・デイ 76
T89 5 小平智 76

初日・1ラウンドの小平智

小平智 初日 スコアカード

f:id:h-idayu:20180901181932p:plain
f:id:h-idayu:20180901181946p:plain


前戦、予選カットから雪辱を期す小平智。

しかしこの日は首の痛みのため、終始ショットの不安定さに苦しみ、1バーディ、6ボギーの「76」(Par71)通算5オーバー、89位Tで初日を終えています!




【動画】デルテクノロジーズ選手権2018 1R 全体ハイライト映像


(映像:PGA YouTube公式アカウント)



© 2014-2018 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。