[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】松山英樹「3Mオープン2019」PGA公式優勝予想は2番手!パワーランキング!大会展望・寸評・スタッツ検証!⛳

PGAツアー「3Mオープン2019」松山英樹のPGA公式優勝予想・パワーランキングは、優勝候補2番手の高評価なっています!⛳

PGA公式サイトの翻訳に加え、筆者の寸評、大会展望と、松山の強さの秘訣、スタッツの検証もご紹介します!



3Mオープン2019 PGA 松山英樹 パワーランキング

3Mオープン2019 パワーランキング

PGAツアー公式

1. ジェイソン・デイ
2. 松山英樹
3. ブルックス・ケプカ
4. ロリー・サバティーニ
5. パトリック・リード
6. ホアキン・ニーマン
7. ブライソン・デシャンボー
8. キーガン・ブラッドリー
9. イム・ソンジェ
10. マッケンジー・ヒューズ
11. ケビン・ナ
12. スコット・ピアシー
13. ドック・レッドマン
14. チャールズ・ハウエルⅢ
15. キャメロン・トリンゲル




松山英樹 2番手予想選考理由 by Rob Bolton PGA

(原文)
Five straight top 25s since the AT&T Byron Nelson and nearly an entire year since his last missed cut. Not surprisingly, he ranks highly in every scoring statistic you could cite.

(訳文)
(5月の)AT&Tバイロン・ネルソンから直近まで5戦連続トップ25を継続中。
そして、丸一年に渡り予選落ちをしていない。
しかし、これは驚くことではなく、松山があらゆるスコアやスタッツに於いて、非常に高いレベルにあることから実証されている。
(訳者:ゐ太夫)


ゐ太夫の大会展望・寸評、スタッツ検証

前戦「ロケットモーゲージクラシック」でのパワーランキングに続き、2戦連続での優勝候補2番手という高評価が発表されました!

共にメジャーチャンピオンであり、新旧世界ランキング首位に立ったジェイソン・デイとブルックス・ケプカの間に入ったことは、改めて松山英樹の凄さを感じさせます。

5月2週目の「AT&Tバイロン・ネルソン」から、前回「ロケットモーゲージクラシック」まで、トップ25入りを果たしている好調ぶり。

加えて、2018年7月3週目の「全英オープン」で喫して以来、ほぼ丸一年予選落ちをしていないという、抜群の安定感は、高く評価されています。

そして、PGAのロブ・ボルトン氏がこの結果を「驚くほどではない」という裏打ちとして「様々なスタッツでハイレベルな結果を残している」としています。

主要なところでは、主にアイアンショット、セカンドショットの貢献度を表す「SG:APPROACH-THE-GREEN」は今季通算「.946」で、全体3位!

グリーン廻りからのアプローチの貢献度「SG:AROUND-THE-GREEN」は「.361」で、全体19位!

ティーショットの貢献度「SG:OFF-THE-TEE」は「.426」で、全体26位!

ショット系総合の貢献度「SG:TEE-TO-GREEN」は「1.733」で全体4位と、PGAツアーでも屈指の非常に高い精度を誇っています!  

ドライビングディスタンスでも2014年のデビューから2016年までは「294Y台」で全体60位前後であったものが、2017年に「303.3Y」と300Yを超える様になり、今季はここまで「304.6Y」全体25位と着実に飛距離も伸ばしています!

また、元々高いパーオン率は「69.10%」で22位!そのパーオンを逃した際にパーセーブやバーディで上がれる確率「スクランブリング」は「64.33%」で15位!

全体14位のバーディ奪取率「4.30」でスコアを伸ばしつつ、ピンチでも崩れない、いわゆる「我慢のゴルフ」の徹底が、安定した成績の証でもあります!

PGAツアーのスタッツは多岐に渡り、他にも松山の優秀さは枚挙に暇がないのですが、課題はやはりパッティングで「SG: PUTTING」は「-.053」で121位と大きく落ち込みます。

世界屈指のショットメーカーが、パッティングの精度をあと少し上げれば、PGAではいつでも優勝出来る状態に、メジャーでも複数回タイトルを獲れる様なプレーヤーになることでしょう!

スタッツの方に偏りましたが、今回の「3Mオープン」の会場「TPCツインシティ」は、ショットがブレるとネイティブエリアや池に打ち込んでしまう設計になっており、松山には好相性なコースです!

予選ラウンドの注目組としてジェイソン・デイと、今季初優勝を挙げ心境著しいコーリー・コナーズとのペアリングが先行発表されています! 

普段から共にプレーすることの多いジェイソンと同い年のコナーズで、リラックスしたプレーが出来そうです。

松山は「全英オープン」前をオープンウィークとするため、今回が最後の実戦の場! 

前週の勢いそのままに、久しぶりの優勝タイトルを引っ提げ、全英の地へ旅立ちたいところです!



© 2014-2019 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。