[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「3Mオープン2019」2日目 ショット不調も後半盛り返し「70」通算-8!11位Tで決勝へ!⛳

松山英樹「3Mオープン2019」2日目・2Rの模様、詳細結果速報、動画、筆者ゐ太夫の戦評をご紹介します!⛳

初日に2位Tの好発進で、2日目も猛チャージが期待された松山!しかしこの日はショットが精彩を欠く苦しい展開も、後半巻き返し4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「70」首位とは6打差の通算8アンダー11位Tでホールアウトしています!



Embed from Getty Images

3Mオープン2019 松山英樹 2日目・2Rのプレー

前週「ロケットモーゲージクラシック」に続き、2週連続出場となる「3Mオープン」

どちらも新規大会ながら、ここまでの松山の好調ぶりと安定感、ショットメーカー有利なコースであることから、戦前の優勝予想も2週連続2番手の高評価を受けています!

そして、2週間後のメジャー最終戦「全英オープン」に向けての最終調整もさることながら、約2年ぶりとなるツアー優勝を遂げ、優勝ポイントで、FedExカップの順位を一気に上げ、プレーオフシリーズを有利に迎えたいところでもあります!

予選ラウンドは、Featuring Group、注目組に選ばれ、ジェイソン・デイとコーリー・コナーズとのペアリング!

2日目は午前スタート組が軒並みスコアを伸ばし、ブライソン・デシャンボーが「62」の驚異的なスコアを出し、通算14アンダー単独首位で、松山がスタートする前に既にホールアウト!

松山は初日と同じスコア「64」を出せば、ちょうどデシャンボーと並べるものの、雲行きが怪しく、風も強まる中、現地12時40分にスタートしました!

前半OUT

1H 426Y Par4

328Yビッグドライブは、FW右サイドへ。
残り90Yセカンドショットは、スピンバックで、ピン手前4.8mに着ける!
バーディパットは僅かにカップを通過し、タップインパー発進!

2H 468Y Par4

※ティーングエリアからセカンド地点、セカンド地点からグリーンまで、それぞれ別の池越えのある難関ホール!

長い滞空時間のティーショットは風の影響か右に流れ、無情にも池へ!
ドロップ後、ラフから残り199Yの3打目は、グリーン左のコレクションエリアへ。
残り19Yの4打目アプローチは、カップをオーバーし、2.2mを残す。
返しのボギーパットは強く出てしまい、カップに蹴られ、ここで痛恨のダボを叩いてしまう。

このダブルボギーで、通算5アンダー、この時点で30位近辺まで後退。

3H 501Y Par4

右サイドファーストカットからのセカンドは、ピン奥12mに2オン!
長いバーディパットはラインに乗り、ジャストタッチの素晴らしいパットも、ほんの僅か外れ、タップインパーセーブ! 

4H 177Y Par3

ティーショットは、二段グリーンの下で止まり、上段のピンまで15mの距離を残す。 
このロングパットもジャストタッチで、あと僅かでカップインの絶妙なパットを魅せ、タップインパー。

5H 424Y Par4

FWセンターから、残り130Yのセカンドは、ピン左手前6.7mに2オン!
このパットもラインに乗るものの、僅かにショートし、パー。

6H 594Y Par5

※難易度18位!ここは獲りたいホール!

313Yドライビングは、FWセンターへ。
残り251Y、池越えのセカンドは、ギリギリ池を越えピン右8.3mに着ける!
イーグルパットは僅かにショートするも、タップインで、待望の初バーディ奪取!

ここで1つ返し、通算6アンダー!

7H 381Y Par4

319YドライブはFW中央、残り76Yまで運ぶ!
セカンドはピン奥2.8mに着ける!
このバーディチャンスは決まらず、パー。

8H 204Y Par3

果敢に攻めたティーショットは、ピン右奥6mに着ける絶妙なショット!
微妙な距離のバーディパットは、カップを1mオーバーするも、返しを沈めパー。

9H 502Y Par4

※難易度1位ホール!

314YティーショットはFW右サイドへ。
残り196Yセカンドは、グリーン右奥のバンカーへ。
ピンまで10Yの3打目バンカーショットは、ピンを3mオーバー。
返しのパーパットは僅かに外れ、ボギーとしてしまう。

前半スコア

前半は、1バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「37」通算5アンダー、30位近辺でハーフターン!

前半スコアカード

3Mオープン2019 松山英樹 スコアカード 2R-1



後半IN

10H 379Y Par4

左サイド、かなり深いラフから残り126Yのセカンドは、ピン奥2.7mに着ける絶妙なショット!
ここはしっかりと沈め、バウンスバックバーディ奪取!

11H 467Y Par4

FWからのセカンドは僅かに2オン出来ず、3オン1パットのパー。

12H 593Y Par5

ティーショットを右のラフに外したため、2打目はレイアップ。
FWから残り115Yの3打目は、ピン右奥9.8mと距離があり、2パットでパー。

13H 228Y Par3

ティーショットはピン右10mへ!
長いバーディパットはカップを1mオーバーするも、返しを決め、パー。

14H 437Y Par4

右サイドファーストカットからのセカンドは、2オン出来ず、僅かにエッジ外。
3打目は僅かに外れ、パー。

15H 451Y Par4

311Yのドライビングは、左サイドファーストカットへ。
残り133Yのセカンドは、ピン右6.6mに2オン!
微妙な距離のバーディパットは入らず、パー。

16H 411Y Par4

ティーショットは右に逸れ、危うく池ポチャも、何とかラフに踏みとどまる!
セカンドショットはピン奥2mに着けるスーパーショット!
ここは確実に決め、バーディ奪取!

ピンチから一転、バーディ奪取の離れ技で、通算7アンダーまで戻す!

17H 229Y Par3

※ティーイングエリアからグリーンまで左側に大きく湾曲して池が迫る完全な池越えホール!

ティーショットは、ピン左手前4.2mに着ける!
しかし、このバーディチャンスはモノに出来ず、パー。

18H 596Y Par5

気合いの311Yティーショットは、FWセンターへ。
残り238Y、池越えのセカンドは、ピン左15mに2オン!
長いイーグルパットは1.4mショートするも、次を決め、見事バーディフィニッシュ!

2日目・2Rのスコア

2日目・2Rの松山は、4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「70」首位とは6打差の通算8アンダー11位Tでホールアウトした!

後半スコアカード

3Mオープン2019 松山英樹 スコアカード 2R-2


【動画】松山英樹 2Rハイライト!

www.golfnetwork.co.jp
(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)

松山英樹 2R ホールアウト後コメント

―今日のラウンドを振り返って

ショットが全然話にならなかったですし、原因がわからないまま、やってしまいました。途中で少し良くなったところもありましたが、昨日までの感覚とは全然違いました。こういうゴルフでは話にならないので、明日もどうなるか分からないですけど、頑張りたいと思います。

―ラウンド中は悩みながらのプレーだった?

ショットに関しては最後までダメでした。パッティングに関しては後半入らなかったですけど、良いストロークができ、ラインにも乗るようになりました。最後ボールが落ちるか落ちないかぐらいのところまで戻せたのは大きいと思います。

―ショットの状態について

(練習を)やってきているところで、やり過ぎているのか、他に原因があるのか分からないので、練習したいんですけど、時間もないと思うので、冷静に考えたいと思います。

―明日に向けて意気込みを

6打差なのでまだまだチャンスはありますけど、5~6アンダーぐらい伸ばすことが必要になると思うので、それができるように頑張ります。

(引用:ゴルフネットワークHPより)




松山英樹 2R スタッツ

Rd.1 Rd.2 合計 順位
SG:OFF THE TEE 0.590 0.016 0.606 45
SG:APPROACH TO THE GREEN 2.531 1.251 3.782 16
SG:AROUND THE GREEN -0.080 -0.458 -0.537 64
SG:PUTTING 3.249 -1.365 1.884 33
SG:TEE TO GREEN 3.041 0.809 3.850 28
SG:TOTAL 6.290 -0.556 5.735 T11
フェアウェイキープ率 71.43%(10/14) 50.00%(7/14) 60.71%(17/28) T51
ドライビングディスタンス 298.9 312.7 306 T29
LONGEST DRIVE 325 328 328 T79
サンドセーブ率 -- 0 0 T58
スクランブリング 66.67% 50.00% 57% T61
パーオン率 83.33%(15/18) 77.78%(14/18) 80.56%(29/36) T16
平均パット数 1.467 1.857 1.655 T21



筆者・ゐ太夫の寸評

完全に池が絡まないホールはたったの2ホールしか無い、TPCツインシティ。

ツインシティを設計した、かのアーノルド・パーマー氏が仕掛けた罠に、松山はスタート早々にはまる形となりました。

2番Par4は、コース右側を池が占め、セカンドの落とし所は、フェードヒッターが僅かにフェースを開いただけで、池に打ち込む危険性を孕むランキング2位の難関ホール。

松山のティーショットは、滞空時間が長く気持ち良く飛ばしている様に見えたものの、吹き上がり過ぎた感もあり、池に入れてしまいました。

出だしで、いきなりダブルボギーを叩き、その後もショットは安定を欠きながら、パッティングはタッチもフィーリングも良く、上手く噛み合わないもどかしい時間帯が続きました。

6番Par5でようやく初バーディを獲るものの、難易度1位の9番Par4では、サイドバンカーからのリカバリーに失敗し、ボギー。

後半に入り、ショットが良化し始め、ボギー無しの3バーディで、アンダーパーのラウンドにする辺りは、修正能力の高さを魅せてくれました!

パッティングの貢献度SG: PUTTINGは、 -1.365と初日の3.249から大きく落ち込んだものの、数値上ほど悪くはなく、もう少しショットの調子が上がれば、バーディラッシュに入れそうな感があります!

3日目・ムービングデーは、6打差を付け首位にいるブライソン・デシャンボーにどこまで迫れるか?

最終日を優勝争いが出来る位置で迎えるためにも、松山の猛チャージに期待が懸かります!




3Mオープン2019 2日目・2R リーダーボード

順位 通算 プレーヤー 1R 2R 合計
1 -14 B.デシャンボー 66 62 128
2 -12 A.ハドウィン 64 66 130
3T -10 S.ピアシー 62 70 132
3T -10 S.サンダース 65 67 132
3T -10 B.ハーマン 65 67 132
3T -10 S.バーンズ 66 66 132
7T -9 A.アトウォール 65 68 133
7T -9 C.ラック 68 65 133
7T -9 S.ブラウン 68 65 133
7T -9 K.ストリールマン 68 65 133
11T -8 松山英樹 64 70 134
11T -8 B.スティール 66 68 134
11T -8 C.ハウエルIII 68 66 134
11T -8 C.モリカワ 68 66 134
11T -8 T.フィナウ 66 68 134
43T -5 小平智 70 67 137

【動画】3Mオープン2019 2R 全体ハイライト!


(映像:PGA YouTube公式アカウント)



2日目の小平智

スコアカード

3Mオープン2019 小平智 スコアカード 2R

この日の小平は、INスタートの前半からショット、パット共に噛み合い11、12番の連続バーディ、18番から折り返しての2番までの3連続バーディと、バーディラッシュ!

上がりホール、難易度1位の9番でダブルボギーとしたものの、7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「67」通算5アンダー43位Tでホールアウトし、4試合ぶりの決勝進出を決めています!


© 2014-2019 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。