[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】松山英樹「BMW選手権2018」2R ショット冴え渡り猛チャージ!「64」10アンダー!3位T!⛳

「BMWチャンピオンシップ2018」2日目・2ラウンド、松山英樹は、7バーディ、1ボギーの「64」通算10アンダーまで伸ばし、3位Tでホールアウトしています!⛳また、首位は通算13アンダーでザンダー・ショフレが付けています!

松山英樹のプレーの模様・スタッツ、全体ハイライト映像、リーダーボード等をご紹介します!


Embed from Getty Images

2日目・2ラウンドの松山英樹

松山英樹 2日目 スコアカード

f:id:h-idayu:20180908021006p:plain
f:id:h-idayu:20180908021021p:plain
※上記「DA」はDRIVING ACCURACYの略で、フェアウェイキープ率。
「GIR」は、GREENS IN REGULATIONでパーオン率。


2日目・セカンドラウンドは、天候悪化の予報があり、予定より4時間も前倒してのスタートとなりました!

INスタートの2日目、スタート10番Par4では、いきなり345Yのビッグドライブを魅せ、フェアウェイもキープするも、セカンドを寄せきれず、パー発進!

11番Par4では、セカンドをピンそば30cmに着けるスーパーショットを魅せ、早々にバーディ奪取!

続く12番Par4でも右サイドファーストカットから、残り156Yセカンドをピン2.3mに着け、連続バーディ奪取!

【動画】12番 156Y2打目を2.3mに着ける絶妙なショットからバーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)


14番Par3では、ティーショットをピン奥3mに着ける絶妙なショットで、今日3個目のバーディ奪取!

16番556YPar5では、ピン右手前8.6mに2オンさせるスーパーショット!イーグルパットは僅かに外れ、早くも4個目のバーディ!

17番Par3、18番Par4では寄せきれず、パー。

前半はすべてのホールでパーオンさせる安定感抜群のショットを披露し「31」でハーフターン!

後半OUTに入り、2番413YPar4では、329Yのビッグドライブの後、残り76Yセカンドをピン2.5mまで寄せる巧みなアプローチで、後半初バーディ奪取!

【動画】2番 78Yアプローチを2.5mに寄せ、バーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)


難易度1位の4番Par4では、ラフからのセカンドをピン左17mに2オン。
ここから3パットを叩いてしまい、今日初、そして唯一のボギーとしてしまいます。 

しかし、次の5番Par3でピンそば70cmに着ける抜群のティーショットで、見事なバウンスバックバーディ奪取!

【動画】5番Par3 ティーショットをベタピン70cmに着け、バウンスバックバーディ奪取!


(映像:PGA公式HP)

続く6番Par4でも、セカンドをピン3mまで寄せるもの、チャンスパットは僅かに外れ、悔しいパー。

7番、8番とパーを並べ、気分良く上がりたい最終9番605YPar5では、ティーショットをFWバンカーに入れてしまい、ピンチに!
しかし、2打目で残り150Yまで運び、3打目はピン手前4.7mに3オン!
微妙な距離を残したパットをしっかり沈め、見事バーディ締め!
 
2日目・2Rの松山は、7バーディ、1ボギーの「64」通算10アンダー、首位ザンダー・ショフレと3打差の3位Tでホールアウトしています!

www.idayu.jp




松山英樹 2日目 各スタッツ

Rd.1 Rd.2 合計 順位
SG:OFF THE TEE -0.407 0.336 -0.071 39
SG:APPROACH TO THE GREEN 1.317 2.160 3.477 2
SG:AROUND THE GREEN 0.020 0.431 0.451 26
SG:PUTTING 1.200 0.407 1.607 16
SG:TEE TO GREEN 0.930 2.926 3.856 6
SG:TOTAL 2.130 3.333 5.464 T3
フェアウェイキープ率 50.00% (7/14) 64.29% (9/14) 57.14% (16/28) T59
ドライビングディスタンス 306.5 293.8 300.1 47
最長飛距離 340 345 345 T32
サンドセーブ -- -- -- --
スクランブリング 100.00% 100.00% 100.00% T1
パーオン率 94.44% (17/18) 88.89% (16/18) 91.67% (33/36) T1
平均パット数(パーオン時) 1.765 1.688 1.727 29


2日目の松山は、更にショットが冴え、パーオン率は88.89% (16/18)

主にアイアンショットの貢献度を表すSG:APPROACH-THE-GREENは初日の1.317→2日目2.160まで上がり、2日目合計3.477は全体2位!

フェアウェイキープ率は64.29% (9/14)で、ファーストカットやラフからもパーオン出来るショットの好調ぶりを魅せています。

また、確実に初日よりピンに絡むショットも増えており、一番の武器のアイアンでスコアを稼ぐ「強い松山」が着実に復活しつつあることを感じさせます。

パッティングに関しては、いくつかチャンスを外してしまったこともあり、SG: PUTTINGは、初日1.200→2日目0.407に下がっています。

2日目を終えて、首位のショフレとは3打差の通算10アンダーの3位T!

大会毎に調子を上げてきている松山だけに、3日目・ムービングデーでもスコアを伸ばし、PO最終戦「ツアー選手権」出場確定はもちろん、今大会での優勝!にも現実味が出て来ています!


  

【動画】松山英樹 2日目・2R ハイライト映像!

www.golfnetwork.co.jp
(映像掲載ページリンク先:ゴルフネットワーク公式HP)





BMW選手権2018 2日目・2R リーダーボード

順位 プレーヤー 通算 R1 R2 合計
1 ザンダー・ショフレ -13 63 64 127
2 ジャスティン・ローズ -11 66 63 129
T3 キーガン・ブラッドリー -10 66 64 130
T3 アレクサンダー・ノレン -10 64 66 130
T3 リッキー・ファウラー -10 65 65 130
T3 松山英樹 -10 66 64 130
T7 ロリー・マキロイ -9 62 69 131
T7 ジャスティン・トーマス -9 64 67 131
T7 ジェイソン・デイ -9 67 64 131
T7 ビリー・ホーシェル -9 64 67 131
T7 チャールズ・ハウエルIII -9 68 63 131
T12 ケビン・ナ -8 70 62 132
T12 トニー・フィナウ -8 68 64 132
T12 アーロン・ワイズ -8 65 67 132
T12 アン・ビョンフン -8 65 67 132
T12 テッド・ポッターJr. -8 68 64 132
T12 タイガー・ウッズ -8 62 70 132






【動画】BMW選手権2018 2R 全体ハイライト映像


(映像:PGA YouTube公式アカウント)



松山英樹 他ゴルフ関連記事

2019新シーズン PGAツアー 日程・スケジュール・カレンダー、変更点!

www.idayu.jp

石川遼 今後の出場予定・スケジュール

www.idayu.jp






※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村

© 2014-2018 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。